6月30日の花<ヘリオトロープ>と花言葉


ヘリオトロープ(Heliotrope)

春から初夏に紫や白の星形をした小さな花は、バニラのような甘い香りで、フランスでは『恋の草』ドイツでは『神の薬草』ペルーでは『愛の薬草』、日本では『香水草』とも呼ばれる香り高き花☆

学名は、太陽に向かって花を開く性質のため、ギリシア語『helios(太陽)』『trope(向く)』から。

英語は、『Heliotrope(ヘリオトロープ)』ですが、香りが似ていることから『Cherry pie(チェリーパイ)』という別名もあり、和名は、『キダチルリソウ(木立瑠璃草)』、または、『ニオイムラサキ(匂紫)』『香水草』とも呼ばれます。

バニラのような甘く深みのある香りを持ち、古くから石けんの香料や香水、ポプリの原料として用いられています。

葉は先端がとがった美しい濃緑色で、葉脈がくっきりとして、表面に細かなヒダが入り、裏側は白っぽく繊毛があります。

ギリシア神話では、水の精クリティが太陽神アポロンに恋をしましたが、アポロンとレウトコエ王女が恋仲にあると知ったクリティが妬みから王女の父に密告し、怒った王は娘のレウトコエを生き埋めにされてしまいました。

悲しむアポロンを見つめながら悔やんだクリティは、太陽を眺めながら何日も地面に座り続け、ヘリオトロープに姿を変えてしまったというヘリオトロープの伝説があります。


ヘリオトロープの花言葉
献身的な愛・永遠の愛・愛よ永遠なれ・夢中・熱望・甘い誘惑・私は貞節を守ります


ヘリオトロープについて

科・属ムラサキ科キダチルリソウ属
和名木立瑠璃草(キダチルリソウ)
香水草(コウスイソウ)、匂ひ紫(ニオイムラサキ)
英名Heliotrope, Cherry pie
学名Heliotropium arborescens
原産地ペルー
開花期5月~7月

花の詳細 Wikipedia


夏目漱石の小説『三四郎』にも登場する香り☆

三四郎 (新潮文庫)

新品価格
¥367から
(2019/5/23 17:42時点)

6月29日の花<ムクゲ(フヨウ)>と花言葉


ムクゲ(フヨウ)(Rose of Sharon) 

早朝に開花し、夕方にはしぼみ新たな花が次々と咲き続ける、日本中の街路樹や花壇に馴染み深い植物☆

花名は、漢名『木槿』の音読みの『もくきん』が訛り、『木槿(むくげ)』となりました。

英語は、聖書の中で、『Rose of Sharon(シャロンの薔薇)』と書かれていたため。

タチアオイは、十字軍によってシリアから運ばれ、ムクゲの古い学名は『Althaea frutex(低木のタチアオイ)』で花言葉は十字軍にちなむといわれます。

種類は、『シロバナムクゲ』、『ヤエムクゲ』、『ヒノマルムクゲ』があります。

ムクゲ、芙蓉、ハイビスカスは、フヨウ属に分類され、花の形がよく似ており、花の中心にある柱頭で見分けるのがわかりやすいです。

『槿花(きんか)一朝の夢』
早朝に開花し、夕方にはしぼんでしまう、はかないことを表現されています。


ムクゲの花言葉
信念・新しい美


ムクゲについて

科・属アオイ科フヨウ属
和名木槿(ムクゲ)
英名Rose of Sharon, Shrub althea
学名Hibiscus syriacus
原産地インド、中国
開花期6月~10月

花の詳細 Wikipedia


ムクゲ誕生花日
2月22日・3月22日・6月29日・8月10日・8月26日・9月11日


儚さで美しさが増し、柔らかさで癒してくれます☆

6月28日の花<トルコキキョウ>と花言葉


トルコキキョウ(Lisianthus)

さわやかな気品と可愛らしさをあわせ持ち、フリルのかかった花びらが華やかなブライダルフラワーとしても人気のある希望の花☆

属名の学名の『Eustoma』は、釣り鐘状の花の付け根から口が開いているように見える花姿から、ギリシア語『eu(良い)』と『stoma(口)』と呼ばれました。

和名は、花の色や姿が桔梗に似ていることや蕾の形がトルコ人のターバンに似ていることからなど諸説があります。


トルコキキョウの花言葉
すがすがしい美しさ・優美・希望


トルコキキョウについて

科・属リンドウ科ユーストマ属
和名トルコ桔梗
英名Lisianthus, Eustoma, Texas Bluebell, Tulip Gentian
学名Eustoma grandiflorum
原産地北アメリカ
開花期5月~8月

花の詳細 Wikipedia


爽やかな花が暑さを和らげてくれます☆

6月27日の花<アガパンサス>と花言葉


アガパンサス(Agapanthus)

梅雨の時期に細長く伸びた茎の先から放射状に淡青紫色の涼しげで凛とした知性を感じさせる、ヨーロッパでは古くから親しまれている愛の花☆

花名の『Agapanthus(アガパンサス)』は、ギリシャ語『agape(愛)』と、『anthos(花)』の意味を持ちます。

和名は、君子蘭に似ていることから『紫君子蘭(ムラサキクンシラン)』と呼ばれます。

英語は、『アフリカンリリー(African lily)』とも呼ばれます。


アガパンサスの花言葉
恋の訪れ・ラブレター・知的な装い


アガパンサスについて

科・属ヒガンバナ科アガパンサス属
和名紫君子蘭(ムラサキクンシラン)
英名African lily, Agapanthus
学名Agapanthus africanus
原産地南アフリカ
開花期6月~8月

花の詳細 Wikipedia


アガパンサスの誕生花日
6月11日、6月29日



6月26日の花<ペンタス>と花言葉


ペンタス(Pentas) 

お花の形が星のようなロマンティックで愛らしい希望がかなう花☆

学名の『Pentas(ペンタス)』は、花びらの数から、ギリシア語『Pente(5)』の意味を持ちます。

和名の『草山丹花(クササンタンカ)』は、『山丹花(サンタンカ)』に似ていることから名付けられました。

英語の『Star cluster(星団)』は星形の花が半球状のようすから呼ばれます。


ペンタスの花言葉
希望がかなう・願い事


ペンタスについて

科・属アカネ科クササンタンカ属
和名草山丹花(クササンタンカ)
英名Pentas, Star cluster
学名Pentas lanceolata
原産地熱帯アフリカ、アラビア半島
開花期5月~10月

花の詳細 Wikipedia

 

6月25日の花<ヒルガオ>と花言葉


ヒルガオ(Bindweed) 

他の木にしっかりとツルを絡ませ、朝に開花し昼間も咲き続ける絆の花☆

和名の『昼顔(ヒルガオ)』は、昼にはしぼむアサガオに対し、朝に開花して昼間も咲き続けることから。

学名の『Calystegia(カリステジア)』は、二枚の苞葉が萼を包み込むことから、ギリシア語『calyx(萼)』と『stege(蓋)』の意味を持ちます。


ヒルガオの花言葉
絆・友達のよしみ・情事


ヒルガオについて

科・属ヒルガオ科ヒルガオ属
和名昼顔(ヒルガオ)
英名Bindweed, False bindweed, Convolvulus
学名Calystegia japonica
原産地日本、朝鮮、中国
開花期6月~8月

花の詳細 Wikipedia