8月14日の花<ウスベニアオイ>と花言葉


ウスベニアオイ(Common mallow)
 

ハーブティーとして、お湯を注ぐと青いお茶に、レモンを入れるとピンク色に変化する、『夜明けのハーブティー』とも呼ばれ、疲れを癒やす穏やかな花☆

ウスベニアオイ

和名は、『薄紅葵(ウスベニアオイ)』です。

属名の学名『Malva(マルバ)』は、粘液質を多く含み、喉の痛みを和らげる効果などがあることから、ギリシア語『malache(やわらかくする)』の意味を持ちます。

ハーブティーとして、お湯を注ぐと青いお茶になることからブルーマロウと呼ばれ,レモンを入れるとピンク色に変化する。移り変わりが朝焼けのようであることから『夜明けのハーブティー』とも呼ばれます。

古代ギリシャの時代から、疲れを癒やす働きがあり、気管支系・鎮痛・鎮静効果があるとされてきました。


ウスベニアオイの花言葉
穏やか・柔和な心


ウスベニアオイについて

科・属アオイ科ゼニアオイ属
和名薄紅葵(ウスベニアオイ)
英名Common mallow, Mallow
学名Malva sylvestris
原産地ヨーロッパ、北アフリカ
開花期5月~8月

花の詳細 Wikipedia


8月13日の花<サギソウ>と花言葉


サギソウ(White egret flower) 
真っ白で、花びらに繊細な深い切れ込みがいくつも入り、シラサギの羽のように見える清純な花☆

サギソウ

和名の『鷺草(サギソウ)』は、白く繊細な切れ込みの入った花びらが、白鷺の花のようにようにみえることから。

英語は、『White egret flower(白鷺の花)』です。

湿地環境が少なくなってきたため、準絶滅危惧種に指定されるほど見る機会が少ない存在となっています。


サギソウの花言葉
清純・繊細・夢でもあなたを想う


サギソウについて

科・属ラン科サギソウ属
和名鷺草(サギソウ)
英名White egret flower, Fringed Orchid
学名Pecteilis radiata
原産地日本、台湾、朝鮮半島
開花期7月~9月

花の詳細 Wikipedia


 

8月12日の花<クロユリ>と花言葉


クロユリ(Kamchatka lily)

日本では、北海道の低地や、東北地方の高山地帯に自生する強烈な香りを持つ、鐘状の黒い神秘の花☆

名は、別属ですが、ユリに花姿が似ていることから。

アイヌ民族の伝説で、好きな人のそばに黒百合をそっと置き、相手が花を手にすれば二人は結ばれるといわれます。

黒百合伝説というのがあり、佐々成政という戦国武将の側室・早百合(さゆり)が密通をしているという噂が流れ、成政は早百合を殺してしまいます。
死に際に『3年たって立山に黒い百合が咲いたとき、佐々家は滅びるでしょう』という言葉を残しました。言葉どおり、成政は失脚し、切腹によって死んでしまったことから言い伝えが残っています。

アラスカ、北アメリカ、シベリアなど北半球の広い範囲に分布する高山植物で、日本では、北海道の低地や、東北地方の高山地帯に自生しています。


クロユリの花言葉
恋・呪い


クロユリについて

科・属ユリ科バイモ属
和名黒百合(クロユリ)
英名Kamchatka lily, Kamchatka fritillary
学名Fritillaria camschatcensis
原産地日本の中部~カムチャッカ半島、北アメリカ北西部
開花期5月~8月

花の詳細 Wikipedia


高山で黒く艶やかな花に出会ったなら、魂をも奪われてしまいそうなほど魅力的ですね☆

【お花終わり】クロユリ 【山野草】 暗黒色の花色が人気の秘訣!古くから食用や染料にも用いられています!クロユリ 【山野草】

価格:1,059円
(2019/7/7 22:40時点)
感想(3件)

白山 花ガイド

新品価格
¥1,080から
(2019/7/7 22:39時点)

8月11日の花<タンジー>と花言葉


タンジー(Tansy)

夏から秋にかけて黄色い花をたくさん咲かせ、細かく切れ込んだ葉っぱは、蓬ににた深緑色で樟脳のような強い香りを放ち防虫効果に優れたハーブ☆

和名は、ヨモギに似た香りやヨモギのように舌状花がないことから『蓬菊(ヨモギギク)』と名付けられ、北海道に自生するものは『蝦夷蓬菊(エゾヨモギギク)』と呼ばれています。

英名は、『Tansy(タンジー)』と呼ばれ、花びらがボタンのように見えることから『Golden button』とも名付けられました。


タンジーの花言葉
平和・挑戦する・婦人の美徳


タンジーについて

科・属キク科ヨモギギク属
和名蓬菊(ヨモギギク)、蝦夷蓬菊(エゾヨモギギク)
英名Tansy, Common tansy, Bitter buttons
学名Tanacetum vulgare
原産地ヨーロッパ、中央アジア
開花期8月~9月

花の詳細 Wikipedia


西洋では床に敷いたり、窓際に吊るして虫が入るのを防いだそうです☆

タンジー 種 80粒

新品価格
¥298から
(2019/7/31 01:04時点)

DTWフラワーエッセンス/シングル[タンジー]

新品価格
¥2,700から
(2019/7/31 01:04時点)

8月9日の花<アルストロメリア>と花言葉


アルストロメリア(Alstroemeria)

春から夏に、茎のつけ根でクルリとねじれて裏返ろうとする葉を持ち、花びらの鮮やかな色や斑点模様がエキゾチックで花持ちがよく、華やかな雰囲気から切り花に人気な持続の花☆

属名の学名『Alstroemeria(アルストロメリア)』は、南米旅行中に種を採集した分類学の父と呼ばれるカール・フォン・リンネが、親友のスウェーデン男爵ヨーナス・アルステーマの名前にちなんでつけました。

別名は、南アメリカのインカ地方原産で、花姿がユリに似ていることから『インカノユリ(インカの百合)Lily of the Incas』と名付けられました。

南アメリカに自生し、原種にはオーランチカ、リグツ、ペレグリナなどがあり、
オランダでは形や花の大きさにより品種を『ハイブリッドタイプ』、『タッセンタイプ』、『カルメンタイプ』、『バタフライタイプ』、『オーランチカタイプ』、『レジナタイプ』の6タイプに分類しています。


アルストロメリアの花言葉

全般の花言葉持続・未来への憧れ・エキゾチック
赤の花言葉幸い
白の花言葉凛々しさ
ピンクの花言葉気配り


アルストロメリアについて

科・属ユリ科アルストロメリア属(ユリズイセン科)
和名アルストロメリア、百合水仙(ユリズイセン)、インカの百合、夢百合草(ユメユリソウ)
英名Alstroemeria, Peruvian lily, Lily of the Incas
学名Alstroemeria spp.
原産地南アメリカ
開花期5月~7月

花の詳細 Wikipedia


アルストロメリアの誕生花日
2月18日・3月13日・3月25日・4月18日


華やかな花が癒してくれます☆

アルストロメリア クイーンスター ポット植え球根 1球(入荷予定:2020年3月下旬頃)

価格:1,800円
(2020/2/17 23:48時点)
感想(0件)

8月8月の花<クレオメ>と花言葉


クレオメ(Spider flower)

蝶が風に舞ったような可憐な花を頂上から咲かせ、翌日の昼頃にはしおれてしまう儚さも愛おしい花☆

日本には、明治時代初期に伝わった、熱帯アメリカ原産の上の方から咲き始め、翌日の昼頃にはしおれてしまう一日花。

名は、学名『Cleome(クレオメまたはクレオーメ)』 から。

英名は、花を蜘蛛(spider)に見立て、『spider flower』と名付けられました。

和名は、蝶が風に舞うような花姿より『西洋風蝶草(セイヨウフウチョウソウ)』と呼ばれるようになりました。


クレオメの花言葉
秘密のひととき・あなたの容姿に酔う


クレオメについて

科・属フウチョウソウ科フウチョウソウ属
和名西洋風蝶草(セイヨウフウチョウソウ)
英名Spider flower
学名Cleome spinosa
原産地南アメリカ
開花期7月~10月

花の詳細 Wikipedi


草花の苗/クレオメ:バタフライキッス・ディープパープル3号ポット 2株セット

価格:801円
(2019/7/31 00:48時点)
感想(0件)