1月27日の花<プルメリア>と花言葉


プルメリア(Plumeria)
Aloha~☆っと言いたくなるような花、常夏の太陽の光をいっぱい浴びて咲く、白と黄色の愛らしい香り高き花☆

ハワイには、
満月の夜明けに朝霧に包まれたままのプルメリアを集めてレイを作り、好きな人に渡すことができれば、その夢が叶う☆
という言い伝えがあるそうです。


プルメリアの花言葉
気品・恵まれた人・日だまり・内気な乙女


プルメリアについて

科・属キョウチクトウ科インドソケイ属
和名インド素馨(インドソケイ)
英名Plumeria, Frangipani, Temple tree
学名Plumeria rubra
原産地メキシコ、中米、南米北部
開花期6月~10月

花の詳細 Wikipedia

1月26日の花<アママリス>と花言葉


アママリス(Amaryllis)

おしゃべりをしているかのように賑やかに大輪の豪華な花は気持ちを高めてくれます☆

春咲き(3月末~6月)と秋咲き(9月末~10月)に花を咲かす品種があるので、2シーズン楽しめそうです。

ギリシア神話では、羊飼いの少女アマリリスの恋した花好きの羊飼いの少年アルテオは花を届けてくれるほかの少女に恋を。。

神様に恋を実らせたいとお願いをし、1本の矢を手に入れ、その矢で自分を傷つけ血からとても美しい花を咲かせます。

アマリリスはその花の美しさでアルテオを振り向かせることができました。
咲いた花はアマリリスと呼ばれるようになったことが名前の由来のようです。


アマリリスの花言葉
誇り・内気・おしゃべり・強い虚栄心・すばらしく美しい


アマリリスについて

科・属ヒガンバナ科ヒッペアストルム属
和名アマリリス
英名Amaryllis
学名Hippeastrum
原産地南アメリカ
開花期5~10月

花の詳細 Wikipedia

1月25日の花<ハコベ>と花言葉


ハコベ(Chickweed)

星が輝くような花姿が愛らしい、小鳥が好んでエサにすることからヒヨコの草とも呼ばれる春の七草のひとつ☆

和名『小繁縷(ハコベ・ハコベラ)は、茎葉を広げた姿を現す『葉配り』や万葉集に歌われた『波久倍良(ハクベラ)』が転訛したものなど諸説あります。

属名の学名の『Stellaria(ステラリア)』は、星のような花姿から、ラテン語『stella(星)』と呼ばれます。

英名は、鶏や小鳥が好むので『Chickweed(ヒヨコの草)』と名付けられました。

春の七種(ななくさ)は、『繁縷(ハコベラ)、芹(セリ)、薺(ナズナ)、仏の座(ホトケノザ)、蘿蔔(スズシロ)、菘(スズナ)、御形(ゴギョウ)』

ハコベの花言葉
ランデブー・愛らしい

ハコベについて

科・属ナデシコ科ハコベ属
和名小繁縷(コハコベ)
英名Chickweed, Starwort, Stitchwort
学名Stellaria media
原産地日本、ユーラシア大陸、北アフリカ
開花期3月~9月

花の詳細 Wikipedia

春の七草のハコベには『繁栄がはびこる』という意味があるそうです☆

1月24日の花<オモト>と花言葉

オモト(Rohdea japonica Roth)

四季を通して緑を絶やさず、葉を落とさないことから、不老長寿のめでたい植物☆

オモト

『万年青(オモト)』は、1年を通して青々とした葉を持つ、常緑多年草であることから。

老母(常緑の葉)が子(赤い実)を抱いている姿に見えることから『老母草(オモトグサ)』や『母子(オモト)』
など名の由来には諸説あります。

昔からとても縁起の良い植物だといわれ、『縁起草』や『辛抱草』の別名も持っていて、中国では『マンネンチン』と呼ばれます。

オモトの花言葉
長寿・長命
オモトについて

科・属ユリ科オモト属
和名万年青
英名Rohdea japonica Roth
学名Rohdea japonica
原産地日本、中国
開花期4月~6月

花の詳細 Wikipedi

鬼門に置くと邪気を払ってくれるそうです☆

1月23日の花<スノーフレーク>と花言葉


スノーフレーク(Summer snowflake)

スズランのような釣鐘形の白い花を下向きに咲かせます。
緑のワンポイントが可愛い☆


スノーフレークの花言葉
純粋・純潔・汚れなき心・皆をひきつける魅力


スノーフレークについて

科・属ヒガンバナ科スノーフレーク属
和名鈴蘭水仙
英名Summer snowflake
学名Leucojum aestivum
原産地ヨーロッバ中南部
開花期4月~5月

花の詳細 Wikipedia


桜の咲く頃に開花します。
春が恋しくなりますね。

1月22日の花<リカステ>と花言葉

リカステ(Lyc)
大きな偽球茎に大きな葉をつける、シュンランに似た大きな花は朗らかな雰囲気を運びます☆

リカステ

学名の『リカステ(Lycaste)』は『モリノヨウセイ(森の妖精)』の別名の持っています。

リカステの花言葉
清らかな心・清浄・快活・力まずに

リカステについて

科・属ラン科・リカステ属
和名リカステ
英名Lyc
学名Lycaste
原産地メキシコ ペルー ボリビア
開花期6月~7月

花の詳細 Wikipedi

jaJapanese