12月10日の花<シャコバサボテン>と花言葉


シャコバサボテン(Christmas cactus) 

クリスマスの頃に縁にギザギザのある平たい葉が連なって四方にしだれた茎先に、美しい花を咲かせるサボテン☆

名の『シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)』は、ひとつの茎節に数個のトゲがあり、甲殻類のシャコに似ていることから。

英名の『クリスマスカクタス(Christmas cactus)』は、クリスマスの頃に鮮やかな花を咲かせることから呼ばれ、他にもアメリカの感謝祭のころでもあり『サンクスギビングカクタス』、観賞用にデンマークで多く品種改良された『デンマークカクタス』の別名もあります。

冬の太陽の光が当たる時間が短くなることで花を咲かせる『短日(たんじつ)植物』と呼ばれます。


シャコバサボテンの花言葉
美しい眺め・愛される喜び・一時の美


シャコバサボテンについて

科・属サボテン科シュルンベルゲラ属
和名蝦蛄葉サボテン(シャコバサボテン)
英名Christmas cactus, Thanksgiving cactus
学名Schlumbergera truncata
原産地ブラジル
開花期10月~1月

花の詳細 Wikipedia

12月9日の花<プリムラ>と花言葉


プリムラ(Primula

冬から春の冷たく寒い季節でも、鮮やかな色の花を他の花より先に咲かす鍵の花☆


プリムラの花言葉

全般のプリムラ永続する愛情・富貴・神秘な心・運命を開く・可憐・うぬぼれ
赤のプリムラ美の秘密・後援のない功績
紫のプリムラ信頼


プリムラの種類別花言葉

プリムラ・シネンシス永遠の愛情
プリムラ・ポリアンサ富の誇り・無言の愛
プリムラ・オブコニカしとやかな人・青春の美しさ
プリムラ・ジュリアン青春の喜びと悲しみ
プリムラ・マラコイデス素朴・気取らない愛・運命を開く


プリムラについて

科・属サクラソウ科サクラソウ属
和名桜草
英名Primula
学名Primula spp
原産地ヨーロッパ、アジア
開花期最盛期は12~3月

花の詳細 Wikipedia

12月8日の花<ウインターコスモス>と花言葉


ウインターコスモス(Bur Marigold)

コスモスの咲き終わる頃、5枚から8枚の花びらを持つ、白をベースに黄色やピンクのグラデーションが美しい、冬も元気な可憐な花☆

名は、秋から冬に咲き、コスモスに似ていることから。

学名『ビデンス(Bidens)』は、種子に歯のような形のトゲが2本あることから、ラテン語の『bi(2)』と『dens(歯)』と名付けられました。


ウインターコスモスの花言葉
淡い恋・もう一度愛します・調和・真心


ウインターコスモスについて

科・属キク科センダングサ属
和名ウインターコスモス
ビデンスラエヴィス
キクザキセンダングサ(菊咲き栴檀草)
英名Bidens
Smooth beggartick
学名Bidens laevis
原産地北アメリカ、メキシコ
開花期10~1月

花の詳細 Wikipedia

12月7日の花<シクラメン>と花言葉


シクラメン(Cyclamen)

とある貴婦人が、『これはかがり火のような花ですね』と言ったことから篝火花(カガリビバナ)とも呼ばれる親しみある花☆

属名の学名『Cyclamen(シクラメン)』は、球根の丸い姿から、ギリシア語『kiklos(円)』の意味を持ちます。

和名の『篝火花(カガリビバナ)』は、とある貴婦人が花姿を見て、『これはかがり火のような花ですね』と言ったことから日本の植物学者、牧野富太郎によって名付けられました。

英語の『sowbread(豚のパン)』は、シチリア島でシクラメンの球根を豚が食べ荒らしたことから言われるようになったようです。

代表的な品種は、『ミュージカル』『メロディアウトドア』『ピコラシリーズ』などがあります。

草花好のソロモン王は、王冠に花のデザインを取り入れようといろいろな花と交渉しましたが断られ、唯一承諾してくれたシクラメンに感謝すると、上を向いていたシクラメンが嬉しさと恥ずかしさのあまりにうつむいてしまったとさ。


シクラメンの花言葉

全般の花言葉遠慮・気後れ・内気・はにかみ
赤のシクラメン嫉妬
白のシクラメン清純
ピンクのシクラメン憧れ・内気・はにかみ


シクラメンについて

科・属サクラソウ科シクラメン属
和名篝火花(カガリビバナ)
英名Cyclamen, Florist’s cyclamen, Sowbread
学名Cyclamen persicum
原産地地中海沿岸
開花期10月~4月

花の詳細 Wikipedia


シクラメンの名前から『シ(死)』『ク(苦)』を連想することから、贈り物には適さない場合もあるようです☆

12月6日の花<ユキノシタ>と花言葉


ユキノシタ(Strawberry Saxifrage) 

雪の下に緑の葉を広げ、夏に控えめな白い花を咲かせる、葉の縁はギザギザの葉脈にそって白い斑が入るハート型で生命力に富み和の趣のある山野草☆

和名の『雪の下(ユキノシタ)』は、雪が上に積もっても、下に緑の葉があることからや白い舌状の花姿から『雪の舌』が転訛した説など諸説あります。

ユキノシタの葉のしぼり汁が中耳炎やひきつけなどにも効果があり、民間薬として用いられてきました。


ユキノシタの花言葉
深い愛情・博愛・恋心・切実な愛情・好感


ユキノシタについて

科・属ユキノシタ科ユキノシタ属
和名雪の下(ユキノシタ)
英名Strawberry saxifrage, Strawberry geranium
学名Saxifraga stolonifera
原産地日本、中国
開花期5月~7月

花の詳細 Wikipedia


山菜として、天ぷらなどに調理して、古くから食べられきました☆

12月5日の花<シンビジウム>と花言葉


シンビジウム(Cymbidium) 

ランの中でも、丈夫で育てやすい蘭の中でも原色が少なく、淡いやさしい落ち着いた色合いの飾らない雰囲気が魅力的な4大洋ランの一つ☆

学名『Cymbidium(シンビジウム)』は、くちびる状の花びらが船底の形に似ていることから、ギリシア語『cymbe(舟)』と『eidos(形)』の意味を持ちます。


シンビジウムの花言葉
飾らない心・素朴・高貴な美人・華やかな恋


シンビジウムについて

科・属ラン科シュンラン属
和名シンビジウム
英名Cymbidium
学名Cymbidium spp.
原産地東南アジア
開花期12月~5月

花の詳細 Wikipedia

jaJapanese