ムラサキハナナ・オオアラセイトウ(紫花菜・大紫羅欄花)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


ムラサキハナナ(Violet orychophragmus)

淡紫色の花が染めるように咲く、中国の兵法の知恵者、諸葛孔明にちなんだ『諸葛菜』とも呼ばれます☆

ムラサキハナナ

黄色のハナナ(菜の花)に対し、紫色の菜の花でムラサキハナナ。

別名が、『オオアラセイトウ(大紫羅欄花)』『ショカツサイ(諸葛菜)』
『ハナダイコン(花大根)』『シキンソウ(紫金草)』多くあります。

孔明は大軍を率いて野営するとき、この種子を用意し、兵士の野菜作りをして戦いに臨み、陣を張った場所からこの花が咲くようになったことから『ショカツサイ(諸葛菜)』とも呼ばれるようになったとか。


ムラサキハナナの花言葉
知恵の泉・優秀・仁愛・熱狂


ムラサキハナナについて

科・属アブラナ科 オオアラセイトウ属
和名紫花菜(ムラサキハナナ)
英名Violet orychophragmus
学名Orychophragmus violaceus
原産地中国
開花期4~5月

花の詳細 Wikipedia


紫色に染め上がったナノハナ畑も風情があり、美しいですね☆(⌒∇⌒)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA