5月9日の花<キリ>と花言葉


キリ(Empress tree) 

初夏に淡い紫色の香る花をいっぱい咲く、かつては女の子の誕生の際、木を植え、嫁入り道具を作った、霊鳥『鳳凰』も止まるとされる貨幣の紋章や家紋の高貴な花☆

キリ

和名は、切ってもすぐに芽を出し成長することから『キル(切る、伐る)』が転訛したものや木目が美しいことから『木理(キリ)』という説など諸説あります。

属名の学名『Paulownia(ポウロウニア)』は、江戸時代に長崎オランダ商館の医官として滞在したドイツの博物学者シーボルトがオランダ王妃アンナ・パヴロヴナに桐の種子を持ち帰ったことから名付けられました。


キリの花言葉
高尚


キリについて

科・属ゴマノハグサ科※キリ属
和名桐(キリ)
英名Empress tree, Foxglove tree, Princess tree
学名Paulownia tomentosa
原産地中国
開花期4月~5月

花の詳細 Wikipedia


キリの誕生花
5月9日