9月22日の花<サワギキョウ>と花言葉

スポンサーリンク


サワギキョウ(cardinal flower) 

晩夏から初秋、水辺や山間部の湿地にすらりと伸びた茎に小鳥のような気品のある青紫色の花を咲かせ、秋には草紅葉も見られる美しい山野草。しかし有毒です☆

サワキキョウ

和名は、キキョウの仲間で水辺や山間部の湿地に自生していることから『沢桔梗(サワギキョウ)』と名付けられ、別名は『丁字菜(チャウジナ)』と呼ばれます。

英名の『cardinal flower』は、花色が、カトリック協会の枢機卿が着るローブの色に似ているため、『cardinal(枢機卿)』から。

属名の学名『Lobelia(ロベリア)』は、フランドルの医師、植物学者マティアス・デ・ロベルの名にちなみます。

宿根ロベリアの一種で、全草にロベリンというアルカロイドが含まれ有毒なので、取り扱いには気を付けてください。


サワギキョウの花言葉
高貴・悪意・特異な才能


サワギキョウについて

科・属キキョウ科ミゾカクシ属
和名沢桔梗(サワギキョウ)
英名cardinal flower
学名Lobelia sessilifolia
原産地日本、朝鮮半島、中国、シベリア東部
開花期8月~9月

花の詳細 Wikipedia


風情のある美しい花に有毒があるなんて、触らないように気を付けなければですね☆

サワギキョウ (沢桔梗) 7.5~9cmポット

新品価格
¥411から
(2019/9/21 22:56時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA