12月16日の花<ラケナリア>と花言葉

スポンサーリンク


ラケナリア(Cape cowslip)

アフリカ原産のヒアシンスに似た美しい極彩色の花を咲かす球根植物でアフリカンヒアシンスとも呼ばれます☆

ラケナリア

学名の『Lachenalia』はスイスの植物学者ベルナー・ド・ラ・シュナル氏から。

アフリカ原産地のヒヤシンスに似ていることから『アフリカンヒアシンス(阿弗利加風信子)』とも呼ばれます。

英語は、南アフリカのケープ地方原産の黄花九輪桜に似た花を咲かすことから、『ケープ地方の黄花九輪桜(Cape cowslip)』の意味を持ちます。


ラケナリアの花言葉
移り気・継続する・好奇心


ラケナリアについて

科・属ユリ科ラケナリア属
和名ラケナリア・アフリカンヒアシンス
英名Cape cowslip
学名Lachenalia
原産地南アフリカ
開花期10月~5月頃

花の詳細 Wikipedia


赤色、オレンジ色、黄色、白色、紫色、青色、翡翠色など様々な色合いで楽しませてくれます☆

球根植物:ラケナリア アロイデス クアドリカラー

新品価格
¥1,100から
(2019/12/15 21:53時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA