6月2日の花<ニーレンベルギア>と花言葉

スポンサーリンク


ニーレンベルギア(Cup flower)

初夏から秋にかけて花びらの先が5枚に割れた淡い青紫色や白色のカップ状の花を株一面に咲かせ、夏の花壇を爽やかに和ませてくれます☆

属名は、スペインの植物学者『ニエレンベルグ(Johann Eusebius Nieremberg)』の名から。

英名は、花姿が、器に見えることから『Cup flower(カップ フラワー)』。

別名も盃のような花姿から『ギンパイソウ(銀盃草)』や『アマモドキ(亜麻擬)』『イトバギキョウ(糸葉桔梗)』とも呼ばれます。


ニーレンベルギアの花言葉
心がなごむ・許されざる恋・楽しい追憶・清楚・平和


ニーレンベルギアについて

科・属ナス科ニーレンベルギア属
和名銀盃草、亜麻擬き
英名Cup flower
学名Nierembergia
原産地アルゼンチン
開花期6月~9月

花の詳細 Wikipedia


白と薄紫の可憐な花が心をなごませてくれます☆(⌒∇⌒)

ニーレンベルギア:オーガスタ ブルー3号ポット 3株セット[PW]

新品価格
¥1,328から
(2019/6/1 19:06時点)

カップフラワーホワイトローブグランドカバーの種(ニーレンベルギアHippomanica)200個の 種子(400 )

新品価格
¥1,500から
(2019/6/1 19:06時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA