ヤブラン(藪蘭)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


ヤブラン(Big blue lilyturf) 

樹木の下や草陰にひっそりと群生し葉の間に隠れるようにして咲くひかえめな花が上品なランといってもラン科でない忍耐の花☆

ヤブラン

属名の学名『Liriope(リリオペ)』は、ギリシア神話に登場する美少年ナルキッソスの母であるリリオペの名前から。

和名の『藪蘭(ヤブラン)』は、やぶに生えて、葉がランの葉に似ていることから名付けられ、キジカクシ科のムスカリに似ていることから『サマームスカリ』という別名もあります。

英語は、『Big blue lilyturf』や『Lilyturf』『Border grass』『Monkey grass』などと呼ばれます。

根につく塊は、滋養強壮や解熱に『麦門冬』という漢方薬として利用されてきました。

品種は、『斑入りヤブラン(フイリヤブラン)』『コヤブラン』『ヒメヤブラン』などあります。


ヤブランの花言葉
謙虚・隠された心・忍耐


ヤブランについて

科・属キジカクシ科ヤブラン属
和名藪蘭(ヤブラン)
英名Big blue lilyturf, Lilyturf, Border grass, Monkey grass
学名Liriope muscari
原産地日本、中国、朝鮮半島、台湾
開花期8月~10月

花の詳細 Wikipedia


日本各地の林床などで普通に見られるので、ハイキングに出かけると出会うかもしれません☆

ファミリー:ユリ科(ユリ科)。花は秋に豆粒大の黒または白の果実が続きます。ヤブラン属は、かなりの塊根の質量を作成する、合理的な土壌に非常に高速に広がります。ヤブラン属は中国、台湾と日本の領域を含む東アジアの木陰林床のネイティブです。

新品価格
¥1,499から
(2019/10/15 19:34時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA