マツリカ(莱莉花)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


マツリカ(Arabian jasmine)

初夏から秋に甘い香りで癒やしてくれる『夏の香りの女王』ともいわれる、ジャスミンティーの香り付けの花☆

マツリカ

名は、漢名の『莱莉花(マツリカ)』の音読みで、サンスクリット語『mallika(ジャスミン)』から。

『ジャスミン(Jasmine)』は、神からの贈り物という意味を持ち、ペルシャ語『ヤースミーン(Yasmin)』からで、アラビア語『yasmin(マツリカ)』が由来です。

咲き方は、一重咲き、二重咲き(半八重咲き)、八重咲きがあります。


マツリカの花言葉
清浄無垢・長すぎた春・愛想がよい


マツリカについて

科・属モクセイ科ソケイ属
和名莱莉花(マツリカ)
英名Arabian jasmine
学名Jasminum sambac
原産地インド、東南アジア
開花期7~9月

花の詳細 Wikipedia


心身を深くリラックスさせてくれ、ジャスミン茶、ハーブオイル、お香などで親しまれています☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA