ヘクソカズラ(屁糞葛)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


ヘクソカズラ(Skunkvine)

秋の野に伸ばしたツルにハート型の葉を持つ、人を寄せ付けない嫌な臭いを放ちますが、中心が紅紫色の釣り鐘形の白い小さな花は愛らしい意外性が魅力の花☆

ヘクソカズラ

和名の『屁糞葛(ヘクソカズラ)』は、つる性で葉や茎をもむと悪臭があることからで、花の色合いが灸をすえた跡のように見えることから『灸花(ヤイトバナ)』や水に浮かべた花姿が『早乙女(田植えをする娘のかぶる笠)』に似ていることから『早乙女花(サオトメバナ)』などの別名もあります。

学名の『Paederia(パエデリア)』は、葉や茎に悪臭があるため、ラテン語『paidor(悪臭)』から。

英語は、『Skunkvine(スカンクのつる草)』や『Stinkvine(悪臭を放つつる草)』と呼ばれています。

臭いで好かれない花でも、愛らしい花を咲かせる時期があるとたとえた『ことわざ』もあります。
『屁糞葛も花盛り(へくそかずらもはなざかり)』


ヘクソカズラの花言葉
人嫌い・誤解を解きたい・意外性のある


ヘクソカズラについて

科・属アカネ科ヘクソカズラ属
和名屁糞葛(ヘクソカズラ)
英名Skunkvine, Stinkvine, Chinese fever vine
学名Paederia scandens
原産地日本、中国、朝鮮半島
開花期7月~9月

花の詳細 Wikipedia


乾燥すると臭わないようで、リースや押し花などの花材に使われるそうです☆

身近な草花「雑草」のヒミツ: 知恵としくみで生き残る驚きの強さ (子供の科学★サイエンスブックス)

新品価格
¥2,376から
(2019/9/8 15:18時点)

ヘンな名前の植物

新品価格
¥1,944から
(2019/9/8 15:18時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA