9月26日の花<ヒガンバナ>と花言葉

スポンサーリンク


ヒガンバナ(Red spider lily)

秋の彼岸の期間だけに花を咲かせる、雨の後、一斉に花が咲く性質から『雨後の彼岸花』という言葉もある先祖を守る花☆

ヒガンバナ

和名は、秋の彼岸の頃に開花することから『彼岸花(ヒガンバナ)』や毒がある花を食べると『彼岸(=死)』しかないことからなど諸説あります。

『曼珠沙華(マンジュシャゲ)』、『天蓋花(テンガイバナ)』、『リコリス』の別名もあります。

英語は『Red spider lily(レッドスパイダーリリー)』や『Hurricane lily(ハリケーンリリー)』『Red magic lily(レッドマジックリリー)』などと呼ばれます。

『まず花が咲き、後から葉っぱが伸びる』という性質があり、『葉見ず花見ず』と呼ばれ、昔の人は恐れをなし、『死人花(シビトバナ)』や『地獄花(ジゴクバナ)』さらに、『幽霊花(ユウレイバナ)』、『剃刀花(カミソリバナ)』、『狐花(キツネバナ)』、『捨子花(ステゴバナ)』、『葉見ず花見ず(ハミズハナミズ)』、『歯欠婆(ハッカケババア)』など異名もたくさん生まれました。

アルカロイドなど含む有毒植物なので、取り扱いには注意が必要で、墓地でも毒を嫌ってため虫除けや土葬後動物に荒されるのを防ぐために植えられたともいわれます。


ヒガンバナの花言葉

全般の花言葉情熱・独立・再会・あきらめ・転生・悲しい思い出・思うはあなた一人・また会う日を楽しみに
白色の花言葉思うはあなた一人・また会う日を楽しみに
赤色の花言葉情熱・独立・再開・あきらめ・悲しい思い出・思うはあなた一人・また会う日を楽しみに
黄色の花言葉追想・深い思いやりの心・悲しい思い出


ヒガンバナについて

科・属ヒガンバナ科ヒガンバナ属
和名彼岸花(ヒガンバナ)
英名Red spider lily, Red magic lily, Hurricane lily
学名Lycoris radiata
原産地中国
開花期9月~10月

花の詳細 Wikipedia


不吉といわれますが、『赤い花』や『天上の花』としてめでたい兆しとされることもあるようです☆

ヒガンバナのひみつ (かこさとし大自然のふしぎえほん)

新品価格
¥1,620から
(2019/9/25 17:18時点)


新品価格が高いような(;^_^A

ひがんばな (かがくのとも絵本)

新品価格
¥11,306から
(2019/9/25 17:19時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA