9月16日の花<ハゲイトウ>と花言葉

スポンサーリンク


ハゲイトウ(Joseph’s coat)

日がたくさん当たると葉の色が鮮やかで美しく、雁が飛来する頃に葉が深紅色になることから『雁来紅)』とも呼ばれる不老不死の花☆

ハゲイトウ

和名は、ニワトリの頭のような赤から『葉鶏頭(はげいとう)』と名付けられました。
ケイトウ(鶏頭)は別種です。

英語は、様々な色が入った羽織物の『Joseph’s coat』に似ているため名付けられました。

属名の学名『Amaranthus(アマランサス)』は、萼と葉が乾燥してしぼまないことから、ギリシア語『amaramthos(しぼまない)』の意味を持ちます。


ハゲイトウの花言葉
不老不死・高尚・気取り屋・粘り強さ


ハゲイトウについて

科・属ヒユ科ヒユ属
和名葉鶏頭(ハゲイトウ)
英名Joseph’s coat, Chinese spinach, Tampala
学名Amaranthus tricolor
原産地熱帯アジア
開花期8月~11月(葉)

花の詳細 Wikipedia


色づいた葉の寿命が長いことから『不老不死』の花言葉が生まれたようです。

の花ハゲイトウ種子、ポインセチアアマランス、発芽率は99% – 20シード粒子のH11

新品価格
¥785から
(2019/9/15 22:32時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA