フロックス(花魁草・桔梗撫子)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


フロックス(Phlox)

茎先にまとまってかわいらしい花を咲かせ、おしろいの匂いがすることから花魁草とも呼ばれる求婚の花☆

フロックス

名は、鮮やかな花色から、ギリシア語『phlogos(火炎)』の意味を持ちます。
和名は、おしろいの匂いがすることや、華やかで豪華な花姿から『花魁草』、
また、葉が夾竹桃に似るので『草夾竹桃』と呼ばれ、『桔梗撫子』と呼ばれる種類もあります。

一年草や多年草などたくさんの種類や品種があり、紫色のじゅうたんのように咲く芝桜も種類の1つ。


フロックスの花言葉
あなたの望みを受けます・一致・合意・同意・協調


フロックスについて

科・属ハナシノブ科フロックス属
和名花魁草、草夾竹桃、桔梗撫子
英名Phlox
学名Phlox spp.
原産地北アメリカ
開花期3月~11月種により違う

花の詳細 Wikipedia


イギリスでは、男性からフロックスを贈られた際に、受け取ると結婚を承諾したことになるそうです☆


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA