12月8日の花<センノウ>と花言葉

スポンサーリンク


センノウ(Campion) 

京都の嵯峨にあった仙翁寺で初めて栽培されたことから名付けられた、朱色のような赤色などの撫子に似た花を咲かすトキメキの花☆

センノウ

和名は、初めて栽培された京都府の仙翁寺の名前から『仙翁(せんのう)』と名付けられました。

英語は、センノウ属を意味する『Lychnis(リクニス)』から。

『マツモトセンノウ(松本仙翁)』『エンビセンノウ(燕尾仙翁)』『フシグロセンノウ(節黒仙翁)』『スイセンノウ(酔仙翁)』などの品種が有名です。


センノウの花言葉
名誉・機転・恋のときめき


センノウについて

科・属ナデシコ科センノウ属
和名仙翁(せんのう)
英名Campion
学名Lychnis
原産地中国
開花期7月~9月

花の詳細 Wikipedia


鮮やかながら京都の雰囲気にも似合う花で、和やかな気持ちにしてくれます☆

マツモトセンノウ(松本仙翁)7.5~9cmポット【山野草】

価格:419円
(2019/12/8 00:54時点)
感想(1件)

【中古】 茶道の美学 茶の心とかたち 講談社学術文庫/田中仙翁(著者) 【中古】afb

価格:200円
(2019/12/8 00:55時点)
感想(0件)


11月の花が集まりました☆
花と詳細のページへ移動します。

 ←こちらをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA