11月28日の花<クリ>と花言葉

スポンサーリンク


クリ(Japanese Chestnut) 

クリーム色をした強い香りの細長い小さな花穂を持ち、トゲのある実が割れると縄文時代の遺跡からも見つかるほど、昔から食べられてきた実があらわれる秋の味覚の花☆

クリ

和名の『栗(くり)』は、果皮や実の色が黒いことから『黒』が転じたという説、落ちた栗が小石のように見え、石を意味する古語『くり』からなど諸説あります。

英語の『Japanese Chestnut』は、日本原産で、ラテン語『castanea(栗)』の意味を持ち、『nuts(実)』と合わさり名付けられました。

1つのイガの中に3個の実は、かつては高級品といわれ、ビタミンB1、カリウム、タンニンが多く、高血圧や老化、ガンに効果があります。

品種は、『柴栗』、『早生栗(わせくり)』、『筑波』など他あります。


クリの花言葉
満足・豪奢・私を公平にせよ・贅沢


クリについて

科・属ブナ科クリ属
和名栗(クリ)
英名Japanese Chestnut
学名Castanea crenata
原産地日本、中国
開花期5月~6月

花の詳細 Wikipedia


美味しい栗は幸せを与えてくれますね☆

諏訪田製作所 栗の皮むき鋏 新型栗くり坊主

新品価格
¥1,760から
(2019/11/28 00:41時点)

世界有用植物誌 人類の暮らしを変えた驚異の植物

新品価格
¥13,200から
(2019/11/28 00:42時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA