11月18日の花<ウメバチソウ>と花言葉

スポンサーリンク


ウメバチソウ(Grass of Parnassus)

秋の湿原に梅の花に似た白色の清楚で可憐な花にハート型の葉が一枚つく、菅原道真の家紋『梅鉢』から名付けられた花☆

ウメバチソウ

名の『梅鉢草(ウメバチソウ)』は、花姿が、学問の神様、菅原道真の家紋『梅鉢紋』に似ることから。

英語は、ギリシャのパルナッソス山にウメバチソウが生えていたことから『grass of parnassus(パルナッソスの芝)』と呼ばれました。

燧ヶ岳と至仏山で見ることができる珍しい花。


ウメバチソウの花言葉
いじらしさ


ウメバチソウについて

科・属ウメバチソウ科ウメバチソウ属
和名梅鉢草(うめばちそう)
英名Grass of Parnassus
学名Parnassia palustris
原産地亜寒帯(北半球)、温帯(北半球)
開花期8月~10月

花の詳細 Wikipedia


可憐な山草に癒されます☆

[山野草 種子] ウメバチソウ 50粒

価格:330円
(2019/11/18 01:27時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA