11月15日の花<モレア>と花言葉

スポンサーリンク


モレア(Iris moraea) 

晩秋から冬に繊細な葉と茎を持ち、アヤメのような花姿の3枚の外花被の基部に黄色い蜜標が入る花が次々と咲く可憐な花☆

モレア

学名の『Moraea』は、イギリスの植物学者『ロバート・ムーア(Robert Moore』氏の名前から。

品種は、『フガックス』甘い香りのあるライトブルー、『ビローサ』ラベンダーの花弁に紺色の目が入る、『コンプトニー』オレンジ色、『アリスタータ』青いブロッチなどがあります。

食用もありますが、毒性のモレアがあるので注意が必要です。


モレアの花言葉
感受性


モレアについて

科・属アヤメ科モラエア属
和名モレア
英名Iris moraea
学名Moraea
原産地南アフリカ
開花期11月~4月頃

花の詳細 Wikipedia


繊細な柔らかな花が癒してくれます☆

種子パッケージ:モレアpolystachya10種

新品価格
¥1,300から
(2019/11/14 18:33時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA