モントブチレア・ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


モントブチレア(Montbretia)

夏から秋に剣状の葉から細い茎を伸ばし、オレンジの花を下から順に咲かす、うつむき加減でひかえめな気品ある日本の夏の花☆

モントブチレア

和名は、「ヒオウギ(檜扇)」と葉がスイセンに似ていることから。
英名の『Montbretia(モントブレチア)』は、旧属名がそのまま用いられ、、学名から「クロコスミア」とも呼ばれます。

属名は、乾燥した花をお湯に浸すとサフランに似た香りがすることから、ギリシャ語『krokos(サフラン)』と『osme(香り)』の意味を持ちます。


モントブチレアの花言葉
良い便り・楽しい思い出・陽気・清楚な人・気品・謙譲の美・芳香・気品ある精神


モントブチレアについて

科・属アヤメ科クロコスミア属(モントブレチア属)
和名姫檜扇水仙(ヒメヒオウギズイセン)
英名Montbretia
学名Crocosmia x crocosmiiflora
原産地南アフリカ
開花期6月~8月

花の詳細 Wikipedia


オレンジ色の明るさで元気を与えてくれますね☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA