3月25日の花<ハナカイドウ>と花言葉

スポンサーリンク


ハナカイドウ(Hall’s crabapple)

桜のような華やかな先端から順に花をゆっくりと咲かせることから長く花期を楽しませてくれる美女の花☆

ハナカイドウ

リンゴと同属の中国原産の植物で江戸時代初期に日本に渡来し、花が美しいことから『花海棠』と呼ばれるようなり、花柄が長く花が垂れさがることから『垂絲海棠(スイシカイドウ)』とも呼ばれます。

眠りが足らず酔いのさめきらない楊貴妃の美しさを見た唐の玄宗皇帝が
『海棠の睡り未だ足らず」』と言ったことから花言葉が生まれたようです。

美人の形容として用いられ、美人のうちしおれた様子をたとえていう
『海棠の雨に濡れたる風情』という慣用句もあります。


ハナカイドウの花言葉
艶麗・美人の眠り・温和・友情


ハナカイドウについて

科・属バラ科リンゴ属
和名花海棠(ハナカイドウ)
英名Hall’s crabapple
学名Malus halliana
原産地中国
開花期4月~5月

花の詳細 Wikipedia


この美しい花に例えられるほど、楊貴妃は美しかったのですね☆(⌒∇⌒)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA