3月5日の花<リナリア>と花言葉

スポンサーリンク


リナリア(Linaria)

金魚草のような愛らしいパステルカラーの小花をいっぱいに咲かせ、姫金魚草とも呼ばれる華奢な花が乙女の繊細な心のように愛らしい花☆

リナリア

名の『Linaria(リナリア)』は、細い葉の形がアマ(亜麻)に似ていることから、ギリシャ語『linon(アマ)』の意味を持ち、金魚のような花姿のキンギョソウに似ており、小型であることから『姫金魚草(ヒメキンギョソウ)』の別名もあります。

仲間は、『リナリア・ビパルティア』、『リナリア・マロッカナ』、『リナリア・プルプレア』、『リナリア・アルバ』、『リナリア・リップルストーン』などの品種があります。


リナリアの花言葉
私の恋を知ってください・乱れる乙女心・断ち切れぬ想い・幻想


リナリアについて

科・属オオバコ科ウンラン属
和名リナリア、姫金魚草(ヒメキンギョソウ)
英名Clovenlip toadflax, Linaria
学名Linaria bipartita
原産地ヨーロッパ、北アフリカ
開花期3月~7月

花の詳細 Wikipedia


リナリアの誕生花日
3月5日・4月10日


小さな小さな金魚が風を泳いでいるようで癒されます☆

株式会社トーホク 姫金魚草 09561

新品価格
¥165から
(2020/3/4 22:09時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA