キングサリ・キバナフジ(金鎖・黄花藤)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


キングサリ(Laburnum)

小さな蝶々のような花が房状に咲き連なった花姿で、黄金の藤棚は圧巻。
藤のようで藤の仲間ではない金の鎖の木☆

キングサリ

名は、金色の小さい花が20-30cmほどの房状になっていて、連なって咲く様子を
『金色の鎖』に見立て『金鎖(キングサリ)』と名付けられました。
また、フジに似て房状に花が連なって咲くことから、『黄花藤(きばなふじ)』とも呼ばれます。
『藤の花』はマメ科のフジ属という分類なので「藤」の仲間ではありません。

種に毒性の強いアルカロイドという化合物が含まれているので、
有毒植物としても知られています。取り扱う際には注意が必要です。


キングサリの花言葉
淋しい美しさ・はかない美・哀愁の美・哀調を持った美しさ


キングサリについて

科・属マメ科キングサリ属
和名キバナフジ(黄花藤)・キングサリ(金鎖)
英名Laburnum・Golden chain tree
学名Laburnum anagyroides
原産地ヨーロッパ中南部
開花期5月~6月

花の詳細 Wikipedia


キングサリの名所と言えば『北海道』。中島公園(札幌)他に、足利フラワーパーク(栃木県)、京王フローラルガーデン(東京)でも5月から6月が見頃のようです☆

平成サヨナラ(@^^)/~~~

御一家60年の歩み 令和元年 皇室カレンダー (永久保存版) 新元号 2019年 CL-8011 壁掛け 52×36cm

新品価格
¥2,700から
(2019/4/29 22:28時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA