6月30月の花<スカビオサ>と花言葉

スポンサーリンク


スカビオサ(Scabiosa)

夏の終わりから秋に、日本の固有種で山地の草原に生育し、かわいらしい青い花を咲かす秋の風情が感じられ花☆

スカビオサ

名は、松虫が鳴く頃に咲くことから、『松虫草(マツムシソウ)』と名付けられました。

属名の学名『Scabiosa(スカビオサ)』は、薬草として皮膚病に用いられたことから、ラテン語『scabiea(疥癬)』の意味を持ちます。

西洋では、青い花は悲哀の象徴で、スカビオサは、伴侶を失った未亡人へ贈る花とされたため、悲しい花言葉が生まれたようです。


スカビオサの花言葉
不幸な愛・私はすべてを失った


スカビオサについて

科・属スイカズラ科マツムシソウ属
和名西洋松虫草(セイヨウマツムシソウ)
英名Pincushion flower, Sweet scabious
学名Scabiosa atropurpurea
原産地ヨーロッパ
開花期6月~10月

花の詳細 Wikipedia


咲き終わった花は、ドライフラワーにしても楽しめます☆

わい性スカビオサ:ブルー3.5号ポット 3株セット[花がたくさん咲く!人気品種]

新品価格
¥1,224から
(2019/6/30 01:36時点)

【S-488】押し花 スカビオサ青ミニ12枚押し花額やレジンアクセサリー制作などハンドメイド素材として人気です飛騨で手作りしています。国産品の安心品質です!

価格:756円
(2019/6/30 01:39時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA