7月8月の花<クロユリ>と花言葉

スポンサーリンク


クロユリ(Kamchatka lily)

日本では、北海道の低地や、東北地方の高山地帯に自生する強烈な香りを持つ、鐘状の黒い神秘の花☆

クロユリ

名は、別属ですが、ユリに花姿が似ていることから。

アイヌ民族の伝説で、好きな人のそばに黒百合をそっと置き、相手が花を手にすれば二人は結ばれるといわれます。

黒百合伝説というのがあり、佐々成政という戦国武将の側室・早百合(さゆり)が密通をしているという噂が流れ、成政は早百合を殺してしまいます。
死に際に『3年たって立山に黒い百合が咲いたとき、佐々家は滅びるでしょう』という言葉を残しました。言葉どおり、成政は失脚し、切腹によって死んでしまったことから言い伝えが残っています。

アラスカ、北アメリカ、シベリアなど北半球の広い範囲に分布する高山植物で、日本では、北海道の低地や、東北地方の高山地帯に自生しています。


クロユリの花言葉
恋・呪い


クロユリについて

科・属ユリ科バイモ属
和名黒百合(クロユリ)
英名Kamchatka lily, Kamchatka fritillary
学名Fritillaria camschatcensis
原産地日本の中部~カムチャッカ半島、北アメリカ北西部
開花期5月~8月

花の詳細 Wikipedia


高山で黒く艶やかな花に出会ったなら、魂をも奪われてしまいそうなほど魅力的ですね☆

【お花終わり】クロユリ 【山野草】 暗黒色の花色が人気の秘訣!古くから食用や染料にも用いられています!クロユリ 【山野草】

価格:1,059円
(2019/7/7 22:40時点)
感想(3件)

白山 花ガイド

新品価格
¥1,080から
(2019/7/7 22:39時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA