7月27月の花<ホオズキ>と花言葉

スポンサーリンク


ホオズキ(Winter Cherry)

緑から真っ赤に色が変化する実の皮は実は葉なのです。ふっくらした真っ赤な実が実を鳴らして遊ぶ子供たちのほほのような不思議な花☆

ホオズキ

和名は、ふっくらした実が赤く染まった頬を連想させ実を鳴らして遊ぶ子供たちの姿から『頬突き』と呼ばれていたや
ホホというカメムシがつきやすいことから『ホホ付き』と名付けられたなど諸説がいくつかあります。

英語は、『Winter Cherry(冬のサクランボ)』や『Ground cherry(地面のサクランボ)』と呼ばれます。

花は、白色やクリーム色で、花の中央部は黄色です。ナス科の植物で、ナスの花に似ています。緑から真っ赤に色が変化する実の皮は、葉で、実の大きさに対し、中は空洞で種の小ささに驚きます。

子供の夜泣きやひきつけ、大人のお腹や胸の痛みを和らげる効能があると薬草として利用されていました。

『食用ほおずき』は、ヨーロッパを中心にフルーツとして食べられていますが、妊娠中に食べてしまうと流産を引き起こす恐れがあるので、注意が必要で、江戸時代には堕胎剤として使われていたそうです。

日本では古くから死者を導く提灯の役割としてお盆に仏花として飾られてきました。


ホオズキの花言葉
偽り・ごまかし・欺瞞・心の平安・不思議・自然美


ホオズキについて

科・属ナス科ホオズキ属
和名鬼灯(ホオズキ)、酸漿(ホオズキ)
英名Winter Cherry, Ground cherry, Chinese lantern plant
学名Physalis alkekengi
原産地東南アジア
開花期6月~7月

花の詳細 Wikipedia


東京都にある浅草寺では『ほおずき市』が毎年7月上旬に開催され、風鈴の音とホオズキの露天の賑わいが楽しめます☆

「ほおずきトマト(ゴールデンベリー)一度食べると独特の食味でリピーター続出!!」【9cmポット苗/3個セット】食用のホオズキで、青果物ではゴールデンベリーなどの名称で販売されています。普通のトマト程度に背が高くなる、多収穫タイプ!!果実は直径2cm前後、果重は10g前後。糖度は12~15 度、完熟青果はまるでマンゴーのような独特の甘い香り。果実の着果性にすぐれ、節成り品種で多収性。ホオズキのまま落果しても拾って食べれます。ジャムやお菓子にも最適!! 自社農場から新鮮直送!!(地域により遅霜にご注意ください)【即出荷/プライム送料込み価格】

新品価格
¥1,980から
(2019/7/26 19:47時点)

★送料90円メール便OK★【ほおずき】切り花用大実【サカタのタネ】(0.5ml)【多年草】[春まき][秋まき]906810【RCP】

価格:194円
(2019/7/26 19:50時点)
感想(7件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA