1月24日の花<タネツケバナ>と花言葉

スポンサーリンク


タネツケバナ(bitter cress)

他の草に負けずに田園一面を真っ白におおうほど白い十字花を咲かし、苗代にまくイネの種籾を水に漬ける時期を知らせる勝利の野草☆

タネツケバナ

和名は、稲を育てる時の種籾(たねもみ)を水に漬ける時期を知らせる植物だったことから『種漬花(たねつけばな)』と名付けられました。

英語の『bitter cress』は、ほんのりと苦味があるアブラナ科の植物というから『bitter(苦い)』と『cress(アブラナ科の植物)』の意味を持ちます。


タネツケバナの花言葉
勝利・不屈の心・情熱・熱意・燃える思い


タネツケバナについて

科・属アブラナ科タネツケバナ属
和名種漬花(たねつけばな)
英名bitter cress
学名Cardamine scutata
原産地東アジア
開花期4月~6月

花の詳細 Wikipedia


タネツケバナの誕生花日
1/24・1/30・2/3・3/1・3/7・4/26


小さい小さい花でも真っ白に田を埋め尽くすほど群生すると圧巻ですね☆

グリーンフィールド 野菜有機種子 ビタークレス/タネツケバナ [小袋] A063

新品価格
¥262から
(2020/1/23 20:07時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA