シャガ(射干・著莪・胡蝶花)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


シャガ(Fringed iris)

剣状の鋭い葉が美しく、アヤメによく似た白い花が日陰でも育つので、シェードガーデンにおすすめの和の庭によく合い人里近くで見かけることのできるありふれた花☆

シャガ

春に肉厚で光沢のある葉っぱをすっと伸ばし、アヤメに似た白い花に青色の斑点がいくつも入り、中心部分が黄色く色づくのが特徴。

人里近くの森などやや湿った薄暗い場所に自生し、タネはできず、地表をはう根茎を伸ばして群落を形成します。

和名は、『著莪』『胡蝶花』とも書かれ、別名で『コチョウカ(胡蝶花)』とも呼ばれ、
英語では、『Fringed iris(フリンジのついたアイリス)』や『Crested iris(とさかのあるアイリス)』とも呼ばれます。


シャガの花言葉
反抗・友人が多い


シャガについて

科・属アヤメ科アヤメ属
和名射干、著莪、胡蝶花
英名Fringed iris, Crested iris
学名Iris japonica
原産地中国
開花期4月~5月

花の詳細 Wikipedia


アイリスにさらに可憐さがアップして魅力的ですね☆(⌒∇⌒)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA