マネッチア・アラゲカエンソウ(粗毛火焔草)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


マネッチア(Firecracker vine) 

晩秋から冬にかけ、ろうそくの小さな炎のような花が口をパクパクさせておしゃべりしているように見える賑やかな花☆

マネッチア

属名の『マネッチア(Manettia)』は、18世紀のイタリアの植物学者『Saverio Manetti(マネティー)』の名前から。

和名の『粗毛火焔草(アラゲカエンソウ)』は、花冠に祖毛があり、花姿がロウソクの炎を連想させることから名付けられ、荒い毛の生えたものを『荒毛火焔草(アラゲカエンソウ)』と呼び、別名は『火焔葛(カエンカズラ)』です。

英名は、つるのあちらこちらで咲く花を爆竹に例え、『Firecracker vine(ファイアークラッカー バイン)』や『Brazilian firecracker(ブラジリアン ファイアークラッカー)』と呼ばれます。


マネッチアの花言葉
名声・たくさん話しましょう


マネッチアについて

科・属アカネ科カエンソウ(マネッチア)属
和名粗毛火焔草(アラゲカエンソウ)
英名Firecracker vine, Brazilian firecracker
学名Manettia inflata
原産地パラグアイ、ウルグアイ
開花期6月~11月

花の詳細 Wikipedia


ロウソクのような不思議な花が楽しませてくれます☆

FLORA 図鑑 植物の世界

新品価格
¥6,380から
(2019/11/8 23:25時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA