12月27日の花<レオノチス>と花言葉

スポンサーリンク


レオノチス(Lion’s tail)

晩秋にセージと同じ仲間の植物で、葉の付け根ごとにオレンジの花をリング状に咲かす花姿がライオンの耳を連想させる雄大な花☆

レオノチス

学名の『Leonotis(レオノチス)』は、花冠の姿をライオンの耳に似ていることから、ギリシャ語『leon(ライオン)』と『ous(耳)』の意味を持ち、英名は、『ライオンズ イヤー(Lion’s ear)』と呼ばれます。

和名は、花姿が燃え上がる炎に見立て、『火焔被綿、火焔着せ綿(カエンキセワタ)』と呼ばれます。


レオノチスの花言葉
雄大・特徴


レオノチスについて

科・属シソ科レオノチス属
和名火焰被綿(カエンキセワタ)
英名Lion's tail
学名Leonotis leonurus
原産地南アフリカ
開花期10〜11月

花の詳細 Wikipedia


ユニークな花姿から元気をもらえます☆

leonotis nepetifoliaユニークな多年草の種!

新品価格
¥380から
(2019/12/26 23:03時点)

ハーブ 苗 【レオノチス】 3号ポット苗

新品価格
¥308から
(2019/12/26 23:03時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA