ボタンツル(牡丹蔓)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


ボタンツル(Clematis apiifolia )

晩夏から秋の山地や原野に同じ仲間のセンニンソウの花に似た、伸ばした蔓に葉が3出葉と、白い十字形の小さな花がたくさんのおしべを突き出してふんわりと固まって咲く心地よい空気を醸し出す花☆

ボタンツル

和名の『牡丹蔓(ボタンツル)』は、つる性で葉形が牡丹に似ているところから名付けられました。

全草に有毒があるため、取り扱いには注意が必要です。


ボタンツルの花言葉
心地よい空気・休息


ボタンツルについて

科・属キンポウゲ科 センニンソウ属
和名牡丹蔓(ボタンヅル)
英名
学名Clematis apiifolia
原産地日本、朝鮮半島、中国
開花期8~9月

花の詳細 Wikipedia


山で爽やかな花に出会うと心が休まりますね☆

茶入 備前焼肩衝胴絞り 二重蔓牡丹唐草仕覆 茶道具

新品価格
¥44,000から
(2019/10/26 00:30時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA