カリン・マルメロの花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


カリン(Chinese quince)

春に淡いピンク色の花を咲かせ、秋には黄色く甘い香りの実をたくさん実らす、弘法大師が中国から苗を持ち帰った花☆

カリン

和名は、木目がフタバガキ科の『花櫚(かりん)』に似ていることからで、英語は『Chinese quince(中国のマルメロ)』と呼ばれます。

学名『Pseudocydonia(プセウドサイドニア)』は、カリンとマルメロがよく似た近縁種であるため、ギリシア語『pseudos(偽)』と『Cydonia(マルメロ)』から。

『木瓜(モッカ)』という漢方薬としても咳止めや鎮痛作用があり、のどの炎症をしずめ、のど飴にも多く配合されています。


カリンの花言葉
豊麗・唯一の恋


カリンについて

科・属バラ科カリン属
和名花梨、榠樝(カリン)
英名Chinese quince
学名Pseudocydonia sinensis
原産地中国
開花期3月~5月実は10月~11月

花の詳細 Wikipedia


果実はとても堅く渋みがあるため、シロップ漬け、ジャム、果実酒などで親しまれています☆

カリンのチカラ

新品価格
¥972から
(2019/9/13 23:31時点)

カリンの香りがする切手 スイス2017年小型シート 花梨、果物、植物

新品価格
¥700から
(2019/9/13 23:30時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA