8月31日の花<サルビア>と花言葉


サルビア(Scarlet sage)

夏から秋に長い穂のような花を茎の下から順に咲かせる、ポピュラーな赤色が情熱的な印象で親しまれ、強い癒すパワーを持つ家庭円満をもたらす花☆

抗酸化作用や消化促進、解熱などの効果があり、古代ローマ時代から薬草として用いられてきました。

名は、ラテン語『salvus(健康・良い状態)』を意味し、フランスで『sauge』、イギリスでは賢人を意味する『sage(セージ)』へと呼び名が変化したそうです。

和名は、真っ赤な衣装を身にまとっているように見えることから、『緋衣草(ヒゴロモソウ)』と呼ばれます。


サルビアの花言葉

全般のサルビア尊敬・知恵・良い家庭・家族愛
赤色のサルビア燃ゆる思い・エネルギー
紫色のサルビア尊敬・賢さ
青色のサルビア永遠にあなたのもの・知恵


サルビアについて

科・属シソ科アキギリ属
和名緋衣草(ヒゴロモソウ)
英名Scarlet sage
学名Salvia splendens
原産地ブラジル
開花期7月~11月

花の詳細 Wikipedia


親しみ深い朱色の赤は元気をくれます☆

★送料90円メール便OK★【サルビア】ホットジャズスペシャル【サカタのタネ】(0.5ml)【春まき一年草】[春まき]907210【RCP】

価格:145円
(2019/7/31 01:10時点)
感想(1件)

8月30日の花<ツキミソウ>と花言葉


ツキミソウ(Evening primrose)

月が現れる時間帯に咲き、白からピンクへと移り変わる神秘の花☆

ツキミソウ

名の『月見草(ツキミソウ)』は、月が現れる夜に咲くことから。

英語は、マツヨイグサ属の、夜咲きを『Evening primrose』、昼咲きを『Sundrops』と呼んでいます。

弱い月見草は少なくなり、待宵草が月見草と呼ばれるようになり、黄色い花を咲かせるのが待宵草、白い花を咲かせるのが月見草となりました。

仲間には『待宵草(マツヨイグサ)』、『大待宵草(オオマツヨイグサ)』、『雌待宵草(メマツヨイグサ)』、『昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)』などがあります。


ツキミソウの花言葉
ほのかな恋・移り気・無言の愛情


ツキミソウについて

科・属アカバナ科マツヨイグサ属
和名月見草
英名Evening primrose
学名Oenothera tetraptera
原産地メキシコ
開花期5月~9月

花の詳細 Wikipedia


ツキミソウの誕生花日
6月21日、8月30日

8月29日の花<サルスベリ>と花言葉


サルスベリ(Crape myrtle) 

小さな花が穂のように群がって咲き、夏から秋まで約100日間程美しい花姿を楽しませてくれるサルが滑る!?庭木☆

中国が原産のミソハギ科でつやのある濃い緑色の葉っぱを互い違いに生やします。

和名の百日紅(さるすべり)は、夏の盛りに約100日間もの長い間、紅色の花を咲かせることから呼ばれるようになりました。

樹皮が猿も滑って落ちてしまうほどツルツルという様子から猿滑(さるすべり)という別名もあります。

英語の『Crape myrtle』は、花がクレープ織のようで、ギンバイカの花に似ていることから。

ある王子が恋人と100日後の再会を約束して旅立ちましたが、王子が戻ると恋人は亡くなっていました。恋人が埋葬された場所からサルスベリが生えたという言い伝えがあります。


サルスベリの花言葉
雄弁・愛嬌・不用意・あなたを信じる


サルスベリについて

科・属ミソハギ科サルスベリ属
和名猿滑(サルスベリ) ・百日紅(サルスベリ)
英名Crape myrtle
学名Lagerstroemia indica
原産地中国
開花期7月~10月

花の詳細 Wikipedia


サルが滑るということで、庭に植えると風水的に縁起が良くない木とされますが、サルは滑らず登るそうです☆

サルスベリ 苗 赤花サルスベリ ポット苗 庭木 落葉樹 シンボルツリー

価格:1,402円
(2019/8/27 16:52時点)
感想(11件)

8月28日の花<エリンジウム>と花言葉


エリンジウム(Sea Holly)
 
冷涼で乾燥した場所を好む、銀青色の小花が集まった球状の花とトゲのある花の下の茎葉に金属光沢のある秘密の花☆

エリンジウム

和名の『松笠薊(まつかさあざみ)』は、花が、松ぼっくりや薊の花に似ていることから名付けられました。

英語は、海辺の近くに自生し、葉が柊に似ていることから、『Sea Holly(海の柊)』と呼ばれます。


エリンジウムの花言葉
秘密の愛・光を求める・傷ついた恋心


エリンジウムについて

科・属セリ科エリンジウム属
和名松笠薊(まつかさあざみ)
英名sea holly
学名Eryngium
原産地ヨーロッパ、南北アメリカ
開花期6月~8月

花の詳細 Wikipedia


エリンジウムの誕生花日
7月25日、8月15日、8月28日、8月31日


 

8月27日の花<ヒペリカム>と花言葉


ヒペリカム(Tutsan) 

鮮やかな黄色で長い雄しべが放射状に立ち上がる花を咲かし、赤色に変化する実をつける魔除けの花☆

英語のhypericumは、悪魔よけの像の上にこの花が置かれていたことから、ギリシア語『hyper(上に)』と『eikon(像)』の意味を持ちます。

ヒペリカム・アンドロサエマムは、英語で『Tutsan』と呼ばれます。

オトギリソウ属に分類される半落葉性低木もしくは草花の総称で、『ヒペリカム・キネンシス』は、中国原産で美容柳(ビヨウヤナギ)と呼ばれ、『ヒペリカム・パツルム』は、中国原産で金糸梅(キンシバイ)と呼ばれ、『ヒペリカム・カリシナム』は、ブルガリアやトルコが原産で西洋金糸梅(セイヨウキンシバイ)、姫金糸梅(ヒメキンシバイ)と呼ばれ、『ヒペリカム・ヒドコート』は、ヒペリカム・パツルムがヨーロッパで品種改良されてた品種で大輪金糸梅(タイリンキンシバイ)と呼ばれ、『ヒペリカム・アンドロサエマム』は、南ヨーロッパ原産の小坊主弟切草(コボウズオトギリソウ)と呼ばれ、『ヒペリカム・イノドルム』は、ヨーロッパ原産で、『ヒペリカム・モゼリアヌム・トリカラー』は、カリシナムとパツルムをかけあわせた品種など種類や品種がたくさんあります。


ヒペリカムの花言葉
きらめき・悲しみは続かない


ヒペリカムについて

科・属オトギリソウ科オトギリソウ属
和名ヒペリカム・アンドロサエマム
英名Tutsan
学名Hypericum androsaemum
原産地ヨーロッパ西部~南部
開花期6月~8月

花の詳細 Wikipedia


ギリシア神話でアフロディーテに奉げる花とし、花嫁のブーケなどに使われる事から祝の木ともいわれるそうです☆

ヒペリカム ヒデコート 3ポットセット 大輪キンシバイ 常緑 グランドカバー 寄せ植え

新品価格
¥870から
(2019/8/26 10:03時点)

8月26日の花<ユウゼンギク>と花言葉


ユウゼンギク(New York aster)

秋に友禅染のような鮮やかな花を次々に咲かせる、若者に負けぬ元気を与えてくれる花☆

和名の『友禅菊(ユウゼンギク)』は、友禅染のような鮮やかな花の色であることから名付けられ、明治時代にアメリカから来たことから『メリケン小菊(メリケンコギク)』の別名もあります。

英語の『New York aster』は、北アメリカ原産で、都市名のニューヨークの名からで、キリスト教のミカエル祭のころに咲くことから『Michaelmas daisy(ミカエルマス・デイジー)』とも呼ばれます。


ユウゼンギクの花言葉
後知恵・老いても元気・若者に負けぬ元気


ユウゼンギクについて

科・属キク科シムフィヨトリクム属
和名友禅菊(ユウゼンギク)
英名New York aster, Michaelmas daisy
学名Symphyotrichum novi-belgii
原産地北アメリカ
開花期8月~10月

花の詳細 Wikipedia


友禅染めの鮮やかな色合いが浮かんできます☆

ユウゼンギク (友禅菊) 7.5~9cmポット

新品価格
¥411から
(2019/8/24 15:03時点)