6月24月の花<バーベナ>と花言葉


バーベナ(Verbena)

真夏の炎天下でも休まずに咲き続け、小花が集まって傘のような輪の形に連なる、予言や呪術の力を高める効果で媚薬として古代から用いられていた魔女の薬草☆

名は、ヘブライ語『herbabona(よい植物)』からで、和名は桜に似た花を咲かせるため『美女桜』とよばれます。
『ハナガサ(花笠)』、『サクラシバ(桜芝)』などの別名を持ち、英名は『ガーデン バーベナ(Garden verbena)』です。


バーベナの花言葉

全般のバーベナ魔力・魅力
赤のバーベナ団結
白のバーベナ私のために祈ってください
ピンクのバーベナ家族の和合
紫のバーベナ私はあなたに同情します・後悔

バーベナについて
科・属クマツヅラ科クマツヅラ属
和名美女桜(ビジョザクラ)
英名Verbena, Vervain
学名Verbena spp.
原産地アメリカ大陸の熱帯から温帯
開花期5月~10月

花の詳細 Wikipedia


輪に連なる花姿は、人々の結びつきのシンボルであるともいわれているようです☆

屋内バルコニーyを10個入り 李盆栽播種季節の花の盆栽を鉢植えバーベナの花の花:5

新品価格
¥1,500から
(2019/6/23 23:57時点)

6月23月の花<ササユリ>と花言葉


ササユリ(Bamboo lily)

里山を彩る清楚な香りを放つ、笹のような葉っぱが美しい、万葉の昔から愛されてきた花☆

名は、葉の形が笹に似ていることと、風で花がゆれる様子から『揺すり』と呼ば『す』が詰まってユリになったといわれています。

ギリシャ神話では、全知全能の神ゼウスの妻『ヘラ』(母性や貞節を司る女神)の花とされることから花言葉が生まれたようです。

ユリの中でも育てるのがむずかしく、種から花を咲かせるまでに7年以上の時間がかかるうえ、盗掘によって野生種は少なくなり、長野県では準絶滅危惧種に指定されています。


ササユリの花言葉
清浄・上品・純潔


ササユリについて

科・属ユリ科ユリ属
和名笹百合
英名Bamboo lily
学名Lilium japonicum
原産地日本
開花期6~7月

花の詳細 Wikipedia


清楚な香りと優しい色彩で里山に彩りを与えてくれます☆

《開花見込み》紀州ササユリ

新品価格
¥1,846から
(2019/6/23 00:42時点)

6月22日の花<キングサリ>と花言葉


キングサリ(Laburnum)

小さな蝶々のような花が房状に咲き連なった花姿で、黄金の藤棚は圧巻。
藤のようで藤の仲間ではない金の鎖の木☆

キングサリ

名は、金色の小さい花が20-30cmほどの房状になっていて、連なって咲く様子を
『金色の鎖』に見立て『金鎖(キングサリ)』と名付けられました。
また、フジに似て房状に花が連なって咲くことから、『黄花藤(きばなふじ)』とも呼ばれます。
『藤の花』はマメ科のフジ属という分類なので「藤」の仲間ではありません。

種に毒性の強いアルカロイドという化合物が含まれているので、
有毒植物としても知られています。取り扱う際には注意が必要です。


キングサリの花言葉
淋しい美しさ・はかない美・哀愁の美・哀調を持った美しさ


キングサリについて

科・属マメ科キングサリ属
和名キバナフジ(黄花藤)・キングサリ(金鎖)
英名Laburnum・Golden chain tree
学名Laburnum anagyroides
原産地ヨーロッパ中南部
開花期5月~6月

花の詳細 Wikipedia


キングサリの名所と言えば『北海道』。中島公園(札幌)他に、足利フラワーパーク(栃木県)、京王フローラルガーデン(東京)でも5月から6月が見頃のようです☆

6月21日の花<ツキミソウ>と花言葉


ツキミソウ(Evening primrose)

月が現れる時間帯に咲き、白からピンクへと移り変わる神秘の花☆

名の『月見草(ツキミソウ)』は、月が現れる夜に咲くことから。

英語は、マツヨイグサ属の、夜咲きを『Evening primrose』、昼咲きを『Sundrops』と呼んでいます。

弱い月見草は少なくなり、待宵草が月見草と呼ばれるようになり、黄色い花を咲かせるのが待宵草、白い花を咲かせるのが月見草となりました。

仲間には『待宵草(マツヨイグサ)』、『大待宵草(オオマツヨイグサ)』、『雌待宵草(メマツヨイグサ)』、『昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)』などがあります。


ツキミソウの花言葉
ほのかな恋・移り気・無言の愛情


ツキミソウについて

科・属アカバナ科マツヨイグサ属
和名月見草
英名Evening primrose
学名Oenothera tetraptera
原産地メキシコ
開花期5月~9月

花の詳細 Wikipedia


ツキミソウの誕生花日
6月21日、8月30日

6月20月の花<オトメギキョウ>と花言葉


オトメギキョウ(Dalmatian bellflower)

斜め上に花開き集まっておしゃべりを楽しんでいるかのような釣鐘状の桔梗に似た乙女のように可憐な花に感謝を込めて☆

名は、花色や花姿が桔梗に似ていて、草丈や花が小さく乙女のように可憐であることから『乙女桔梗(オトメギキョウ)』と名付けられました 。

英名は、『Dalmatian(ダルメシア原産 )』花の形が鐘形であることから『bellflower』からで、属名『Campanula(カンパニュラ)』は、釣鐘のような花姿のため、ラテン語『campana(小さな鐘)』からです。

日本ではベルフラワーの名前で流通されています。


オトメギキョウの花言葉
感謝・誠実・楽しいおしゃべり・感謝の音色


オトメギキョウについて

科・属キキョウ科ホタルブクロ属
和名乙女桔梗(オトメギキョウ)
英名Dalmatian bellflower, Adria bellflower
学名Campanula portenschlagiana
原産地クロアチア
開花期4月~5月

花の詳細 Wikipedia


教会の鐘のような聖なる花が感謝を届けてくれますように☆
観てくださりまして、ありがとうございます☆彡

(山野草)オトメギキョウ ベルフラワー(乙女桔梗) 3号(1ポット)

価格:800円
(2019/6/19 23:54時点)
感想(0件)

6月19日の花<アザミ>と花言葉


アザミ(Thistle)

野山に咲く綿毛のついた紫やピンクの愛らしい花を折ろうとするとトゲが刺さって驚きあきれる。美しさについ触れてしまいたくなる野草☆

名は、花を折ろうとするとトゲが刺さって『驚きあきれる』、古語『あざむ』から。

ギリシア神話では、大地の女神が羊飼いの美少年ダフニスに失恋をし、その悲しみでアザミをつくったとか。

北欧神話では、雷神トールの花とされ、花を身につけている者は雷から守られると言い伝えられています。

聖母マリアが処刑されたキリストの十字架の釘を地面に埋めた場所からアザミが生えてきたといわれ『聖母のアザミ』とも呼ばれます。

1263年にスコットランドがノルウェー軍に夜襲を受けた際、アザミのトゲを踏みつけたスコットランド兵の声でスコットランド軍が敵を追い払うことができた事からアザミはスコットランドの標章と国花になったとさ。


アザミの花言葉
独立・厳格・復讐・満足・触れないで・安心


アザミについて

科・属キク科アザミ属
和名野薊(ノアザミ)
英名Japanese thistle
学名Cirsium japonicum
原産地日本
開花期3月~7月

花の詳細 Wikipedia


ほとんどのアザミは食べて楽しめ、油で揚げたり、茹でたり、和え物、炒めものなどにしても美味しいです☆(⌒∇⌒)

jaJapanese