3月31日の花<キンセンカ>と花言葉


キンセンカ(Calendula)

冬から初夏まで、日の光でオレンジや黄色などの花が次々と輝くように開き、日が暮れると眠るように閉じる、古代エジプトでは若返りの妙薬ともいわれた盃のような花☆

花名の『金盞花(キンセンカ)』で、花色と形が黄金色の『盞(さかずき)』に似ていることから。

学名の属名の『Calendula officinalis』は、花期が長くいつの月の最初にも花が咲いていることから、ラテン語『Calendae(月の最初の日)』の意味を持ちます。

英語の『pot marigold』は、マンジュギク属のマリーゴールドに花が似ていることから。

黄色い花は、キリスト教を迫害したローマ皇帝の象徴とする色から、キリスト教では否定的にとらえられることが多く、悲観的な花言葉がつけられたようです。

カレンデュラの品種は、『カレンデュラ・オフィシナリス』、『カレンデュラ・アルベンシス(冬知らず)』などあります。


ギリシャ神話には、レウトコエ王女と恋仲にあった太陽神アポロンに恋をした、水の精クリティが、王女の父に密告し、怒った王はレウトコエ王女は生き埋めしました。

自分の行ないを恥じたクリティは、9日間地面に座ったままの悲しむアポロンを見つめ続け、やがてキンセンカに姿を変えてしまったとさ。
などのいくつか伝説があります。


キンセンカの花言葉
慈愛・失望・悲しみ・別れの悲しみ・乙女の美しい姿


キンセンカについて

科・属キク科キンセンカ属
和名金盞花(キンセンカ)、カレンデュラ、ポットマリーゴールド、長春花(チョウシュンカ)
英名Pot marigold, Common marigold, Calendula
学名Calendula officinalis
原産地地中海沿岸
開花期12月~5月

花の詳細 Wikipedia


キンセンカの誕生花日
1月20日、1月12日、2月8日、2月9日、3月26日、8月3日、8月24日


古くからメディカルハーブで、乾燥肌などの皮膚に効能があり、花びらを油に浸して作られる「カレンデュラオイル」で親しまれています☆

3月30日の花<カルセオラリア>と花言葉


カルセオラリア(Pocketbook plant)

春から初夏に袋のようなユニークな花姿の黄色で赤い斑点がついた花や、黄色と赤色のツートンカラーなど、カラフルな花を咲かせるふくよかな福の花☆

名は、花姿が袋型のため、ラテン語『calceolus(小さな靴、スリッパ)』からという説と、イタリアの植物学者F. Calceolariの名からという諸説があります。

花弁が袋状の花姿を巾着袋にたとえて、『キンチャクソウ(巾着草)』とも呼ばれ、英名も『Pocketbook(財布)flower』と呼ばれます。

大正時代に伝わり、縁にギザギザのある卵形の葉のわきから花茎を伸ばし、黄や赤、赤い斑点が細かく入った黄色のなどの下部の唇弁が袋状にふくらんだ二唇形の花がたくさん咲かせます。


カルセオラリアの花言葉
援助・あなたを伴侶に・可憐・ふくよか・助け合い・幸福・深い愛情・御身に私の財産を捧げる


カルセオラリアについて

科・属ゴマノハグサ科カルセオラリア属
和名巾着草
英名Pocketbook plant
学名Calceolaria
原産地チリ、メキシコ、ペルー、ニュージーランド
開花期4月~6月

花の詳細 Wikipedia


花姿からお財布を連想させ、愛はお金が無くとも深めることができるが、お金があればより一層愛を深めることができるという意味を持つそうです☆

3月29日の花<スモモ>と花言葉


スモモ(Japanese plum)

桜の咲く同じ頃、よく似た白い5枚の花びらを持ち、葉っぱが生えるより先に花を咲かせ、長い雄しべが特徴の夏に甘酸っぱい実を実らす幸福な日々をもたらす花☆

名は、桃に比べて酸っぱいことから、酢桃(スモモ)と名付けられました。

『李下に冠を正さず』『李下の冠』
プラムの木の下で、手を上げて冠を整えている素振りなどをしていると、プラムを盗むと疑われることから、『人に疑われるような行動はするべきではない。』という意味があります。


スモモの花言葉
誠実・幸福な日々・困難・誤解


スモモについて

科・属バラ科スモモ属
和名李(スモモ) 酢桃
英名Japanese plum
学名Prunus salicina
原産地中国
開花期3月~4月、実は6~8月

花の詳細 Wikipedia


柄も長く、さくらと区別がつかないくらい似ていますね~☆(⌒∇⌒)


3月28日の花<ヤマブキ>と花言葉


ヤマブキ(Kerria)

元気をくれる黄色の花は、谷底に落とした金貨が花になったという言い伝えもある、万葉集にも詠まれ、春の季語とされる金運の花☆

名は、細くしなやかな枝がそよそよと風に揺れる様子から『山振り』が訛ったなどいろいろ諸説があります。

春に黄色い花で山が埋めつくされる様子から『山春黄(やまはるき)』が変化したという説や鮮やかな黄色の花が『蕗(フキ)』に似て、山に生えていることから『山のフキ』からなど。

花びらは一重もしくは八重で、葉っぱは卵型の縁にギザギザがあり、全体に毛が生えています。表面が濃い緑、裏面は淡い緑色をしていることが特徴です。

狩りに出かけていた室町時代の武将、太田道灌は、突然のにわか雨にあい、農家で蓑(みの)を借りようとしました。娘が出てきて一輪のヤマブキの花を無言で差し出しましたが、太田道灌は、その意味がわからず立腹して都に戻りました。

後に、家臣から『後拾遺和歌集』に収録されている一句、
『七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき』

『山間の茅葺きの家であり、貧しさゆえ蓑(実の)の持ち合わせがない』ことを表したものだと教わりました。

真意がわかり自分の無知を恥じ、和歌の勉強に励んだという伝説があるようです。


ヤマブキの花言葉
気品・崇高・金運


ヤマブキについて

科・属バラ科ヤマブキ属
和名山吹(ヤマブキ)
英名Kerria japonica
学名Kerria, Japanese kerria, Japanese rose
原産地日本、中国
開花期4月~5月

花の詳細 Wikipedia


この花の色は、『山吹色』という色名の由来になっています☆

サクラクレパス マット水彩単色(12ml)ポリチューブ入り MWP#4 やまぶきいろ 『 2セット』

新品価格
¥578から
(2019/5/3 23:59時点)

サクラクレパス 絵の具 アクリルガッシュ イエローディープ 5個 AGW-SP#064(5)

新品価格
¥810から
(2019/5/4 00:00時点)

3月27日の花<ジキタリス>と花言葉


ジキタリス(Foxglove)

指にはめるサックのような花の内側の濃い紫色の斑点は、毒のある印として妖精がつけた指跡だとも云われる、イングリッシュガーデンに欠かせない花のひとつ☆

下から順番に咲いていく様子は見応えのある花の名は花の形が指にはめるサックのような事からラテン語の指という意味の『digitus ジギトス』から。

英名は、『妖精たちの安眠を妨げるキツネの足音を消すために、キツネにこの花を履かせた』『悪い妖精が、鶏舎の周りを堂々とうろつくことができるように、キツネに魔法の手袋をあげた』という話から『キツネの音楽』『キツネの鈴』『妖精の指抜き』『妖精の帽子』『妖精の手袋』『魔性の手袋』といろいろな呼び名があり、和名は『狐の手袋』です。

ギリシア神話では、全知全能の神ゼウスの妻であるヘラはサイコロ遊びが好きで日頃から楽しんでいました。

ある時、誤って地上にサイコロを落としてしまったためゼウスに取ってくるよう頼みましたが、ヘラのサイコロ遊びを良く思っていなかったゼウスは地上に落ちたサイコロをジギタリスの花に変えてしまったとさ。

薬用植物としても有名ですが、全草に猛毒があり栽培する際には取り扱いに注意が必要です。


ジキタリスの花言葉
不誠実・熱愛・誠心誠意・胸の思い


ジキタリスについて

科・属オオバコ科ジギタリス属
和名ジギタリス
英名Foxglove, Digitalis
学名Digitalis purpurea
原産地ヨーロッパ
開花期5月~8月

花の詳細 Wikipedia


妖精たちが印で危険を知らせてくれたと思うと毒の怖さが和らぎます☆(⌒∇⌒)


3月26日の花<ハナニラ>と花言葉

ハナニラ(Spring starflower) 春の太陽に向かって薄い青味を帯びた神秘的な星形の花を咲かせる、花が願いを叶えてくれるかも!?☆
名は、葉にニラ臭があることからで、食用のニラは別属(ネギ属)です。 ネガティブな花言葉は青みを帯びた白い花色が、物悲しい印象を与えることからだそうです。 光に反応する性質で、夜や曇り、雨の日は花を閉じ、太陽に向かって動きます。 朝は東を向いて、午後は真上、夜は西を向くのです。
ハナニラの花言葉 悲しい別れ・耐える愛・恨み・星に願いを
ハナニラについて
科・属ヒガンバナ科ハナニラ属
和名花韮(ハナニラ)
英名Spring starflower
学名Ipheion uniflorum
原産地中央~南アメリカ
開花期3月~5月
花の詳細 Wikipedia
爽やか花ですが、葉からニラ臭です☆(⌒∇⌒)
jaJapanese