12月23日の花<センニチコウ>と花言葉


センニチコウ(Globe amaranth)

春から秋にと1000日間!?長く咲く、切り花にしても色があせにくいため、仏花やガーデニングやドライフラワーに人気の不朽の花☆

名の『千日紅(センニチコウ)』は、百日咲き続けるといわれる百日紅(サルスベリ)よりも、花期が長いとされることから。

英語の『globe amaranth』は、花姿がヒユ科の植物のようなので、『globe amaranth(丸いヒユ科)』の意味を持ちます。

古くから西洋では、『センニチコウ』(カイザイク、ヘリクリサムなど)乾燥させ冬の飾りや墓地に捧げたりする風習があり『永久花(everlasting flower)』と呼ばれます。

アジアやアフリカなどの原産地に100種以上が存在するといわれ、代表的な品種は、『センニチコウ(センニチコウ)』『ローズネオン』『キバナセンニチコウ』『ストロベリーフィールズ』『ファイヤーワークス』などです。


センニチコウの花言葉
不死・不朽・色あせぬ愛・永遠の恋


センニチコウについて

科・属ヒユ科センニチコウ属
和名千日紅(センニチコウ)
英名Globe amaranth
学名Gomphrena globosa
原産地熱帯アメリカ、熱帯アフリカ
開花期6月~10月

花の詳細 Wikipedia


長い期間にかけて、丸く愛らしい花が癒してくれます☆

カネコ種苗 園芸・種 KS100シリーズ 千日紅 混合 草花100 052

新品価格
¥110から
(2019/10/10 00:00時点)

12月22日の花<アザレア>と花言葉


アザレア(Azalea)

乾燥した枯れた地域に生え、5枚の花びらがフリルのようでゴージャスな花姿に豊かな花色はツツジとは一味違った魅力を持つ恋の喜びをもたらす花☆

花名は、比較的乾燥した土地を好むことから、ラテン語『azaleos アザロス(乾燥)』の意味を持ちます。

アザレア(西洋ツツジ)、ツツジ(躑躅)、サツキ(皐月)、シャクナゲ(石楠花)、レンゲツツジ(蓮華躑躅)、ミツバツツジ(三葉躑躅)は仲間です。


アザレアの花言葉

全般のアザレア恋の喜び・節制・禁酒
白のアザレアあなたに愛されて幸せ
赤のアザレア節制
ピンクのアザレア青春の喜び


アザレアについて

科・属ツツジ科ツツジ属
和名西洋ツツジ(セイヨウツツジ)
英名Azalea
学名Rhododendron simsii
原産地日本、中国
開花期4月~5月

花の詳細 Wikipedia


アザレアの誕生花日
3月4日・3月9日(白)・3月18日(ピンク)・3月22日(赤)・8月8日・2月22日(赤)


鮮やかな花色が明るくしてくれます☆

ツツジ、アザレア (NHK趣味の園芸ーよくわかる栽培12か月) [ 国重正昭 ]

価格:1,045円
(2020/3/4 01:31時点)
感想(3件)

花木 庭木の苗/アザレア:カメレオン4号ポット

価格:641円
(2020/3/4 01:33時点)
感想(0件)

12月21日の花<ストック>と花言葉


ストック(Stock)

甘い香り漂う、花持ちがよく華やかな愛情の絆の花☆

名は、茎という意味で、太く丈夫であることに由来するといわれます。

むかし昔、ある国のお姫様が、敵国の王子と恋に落ちたことを王に知られ、
姫はお城から出られなくなってしまいました。
夜中に城の屋上にロープを王子が投げ入れ、姫がロープを伝って降りる方法でひそかに会うようになりました。

しかし、ある日、ロープが切れて姫は亡くなってしまいました。
神様が姫を哀れみストックの花に変えたという言い伝えがあるようです。


ストックの花言葉

全般永遠の美・愛情の絆・求愛
赤のストック私を信じて
ピンクのストックふくよかな愛情
黄色のストックさびしい恋
白のストック思いやり・ひそやかな愛
紫のストックおおらかな愛情


ストックについて

科・属アブラナ科アラセイトウ属
和名紫羅欄花(アラセイトウ)
英名Stock
学名Matthiola incana
原産地南ヨーロッパ
開花期2月~4月

花の詳細 Wikipedia


愛情の絆が深まりますように (⌒∇⌒)


12月20日の花<ラークスパー>と花言葉


ラークスパー(Larkspur)

鳥の蹴り爪のように見えることから、自由気まま飛んでいけるような気持ちにしてくれる、快活で陽気な気分を与えてくれる花☆

和名は、花姿がチドリの飛ぶ姿に似ていることから『千鳥草(チドリソウ)』で、ツバメに例えて『飛燕草(ヒエンソウ)』の別名もあります。

英語は、『ヒバリ(lark)』の『蹴爪(spur)』から。

ラークスパーとデルフィ二ウムの見分け方は、
ラークスパーは、一年草で葉は、細かく裂けたような形、花は小さく控えめでまとまって咲きます。
デルフィ二ウムは、多年草で上は細かい葉っぱなのですが、下は大きなカエデのような形、花はイルカのような花姿です。


ラークスパーの花言葉
陽気・自由気ままな暮らし・野原の喜び・快活


ラークスパーについて

科・属キンポウゲ科チドリソウ属
和名千鳥草(チドリソウ)
英名Larkspur
学名Consolida ajacis
原産地ヨーロッパ南部
開花期5月~7月

花の詳細 Wikipedia


青空を飛んでみたいですね~🐦☆

ラークスパー ( ちどり草 )濃いブルー / 北海道産 ドライフラワー 花材 リース 手作り 国産 材料 素材 ナチュラル インテリア

価格:864円
(2019/5/20 16:29時点)
感想(1件)

ハンドメイドにも使えそうですね☆

ラークスパー 《FESフラワーエッセンス》 7.5ml

価格:2,376円
(2019/5/20 16:30時点)
感想(0件)

12月19日の花<サクラソウ>と花言葉


サクラソウ(Japanese primrose) 

春の早い時期にかわいいハート形の花びらの花を咲かす、江戸時代から庶民に愛されてきた花☆

和名は、花びらが、桜の花びらの形に似ていることから、『桜草(サクラソウ)』と名付けられました。

英名の『Primrose』は、最初に咲く花という意味『primerole』から。

学名の『Primula sieboldii』は、江戸時代に長崎オランダ商館の医官として滞在したドイツの博物学者シーボルトの名から。

300を超える品種があり、『駅路の鈴(えきろのすず)』『墨田の花火(すみだのはなび)』『赤蜻蛉(あかとんぼ)』『駒止(こまどめ)』『銀世界(ぎんせかい)』『漁火(いさりび)』『里桜(さとざくら)』などがあります。

現在は、環境省レッドリストの準絶滅危惧種に指定されています。


サクラソウの花言葉
少年時代の希望・初恋・自然の美しさを失わない・あこがれ・純潔


サクラソウについて

科・属サクラソウ科サクラソウ属
和名桜草(サクラソウ)
英名Japanese primrose
学名Primula sieboldii
原産地日本、朝鮮半島、中国東北部
開花期4月~5月

花の詳細 Wikipedia


サクラソウ誕生花日
2月1日・2月4日(赤)・2月5日・4月28日・5月18日


埼玉県さいたま市桜区の桜草公園が有名です。訪れたいものです☆

【山野草】日本サクラソウ「初日の出」 3号(9cm)ポット

価格:598円
(2020/1/31 23:13時点)
感想(1件)

T-113 押し花 サクラソウ イチリン草 30枚

価格:660円
(2020/1/31 23:14時点)
感想(0件)

12月18日の花<グロリオサ>と花言葉


グロリオサ(Gloriosa)

蔓状で炎のような花姿は、狐の顔のように見えることから狐百合とも呼ばれる、華やかで勇ましく栄光に導く情熱的な花☆

属名の『グロリオサ(Gloriosa )』は、、燃え立つような花姿と波打つよう華やかさから、ラテン語の『gloriosus(光栄、立派)』の意味を持ちます。

和名の『狐百合(きつねゆり)』は、花の形が狐の顔のように見えることから名付けられ、英語の『glory lily』は、『glory(栄光)』とユリ科の植物なので、『 lily(百合)』からです。

球根には毒が含まれており、食べると死ぬ恐れがあるので、取り扱いにはくれぐれも注意が必要です。


グロリオサの花言葉
栄光・燃える情熱・頑強・おしゃれな心・天分・華麗


グロリオサについて

科・属ユリ科グロリオサ属
(APG体系ではイヌサフラン科に分類)
和名グロリオサ、狐百合(キツネユリ)
英名Gloriosa, Glory lily, Flame lily, Fire lily, Climbing lily
学名Gloriosa spp.
原産地熱帯アフリカ、熱帯アジア
開花期7月~8月

花の詳細 Wikipedia


炎のようで華やかな花姿は気持ちを上げてくれますね☆

10個のグロリオサRothschildiana種子 – 派手な黄色とルビーの花

新品価格
¥462から
(2019/7/27 22:53時点)

花キューピット【7月の誕生花(ひまわり等)】グロリオサの花束ya07-511045 花 ギフト 誕生日 プレゼント 【あす楽対応】

価格:5,400円
(2019/7/27 22:56時点)
感想(0件)