10月31日の花<カラー>と花言葉


カラー(Calla lily)

真っ白でくるりと巻いたラッパのような上品なシンプルさが花嫁を引き立たせることから、ウェディングブーケで人気の華麗な美しさを持つ花☆

名は、ギリシア語『カロス(美しい)』の意味を持ち、白く大きな仏炎苞が、修道女の襟(カラー)に似ていることから。

和名の『オランダ海芋(おらんだかいう)』は、海外から伝わったサトイモ科の植物のことを海芋と言い、サトイモ科で、江戸時代にオランダから持ち込まれたことから名付けられました。

英語は、花がユリのように美しい花を咲かせることから、『カラーリリー(calla lily)』と呼ばれています。


カラーの花言葉

全般のカラー華麗なる美・乙女のしとやかさ・清浄
ピンクのカラー情熱
黄色のカラー壮大な美
紫のカラー夢見る美しさ


カラーについて

科・属サトイモ科オランダカイウ属・別名、サンテデスキア属
和名カラー、海芋(カイウ)
英名Calla lily, Arum lily
学名Zantedeschia aethiopica
原産地南アフリカ
開花期5月~7月

花の詳細 Wikipedia


カラーの誕生花日
6月27日、7月28日(黄)、10月31日




10月30日の花<ベニバナ>と花言葉


ベニバナ(Safflower)

あざみにも似たポンポンのような花が咲きはじめは黄色で生長につれて赤く変化する、花から採取した染料や種からとった紅花油、花を乾燥させて漢方薬と万能な夏の太陽を思わせる花☆

和名は、紅色の染料をとったことから『紅花(ベニバナ)』と呼ばれました。
英語は『Safflower(サフラワー)』と呼び、日本でベニバナの種子から採取される油を『サフラワー油(紅花油)』と呼んでいます。

種からとれる紅花油(サフラワー油)や紅花からとれる色素は、布の染料や口紅など生活用品に古くから利用されてきました。

そして、花を乾燥させた漢方薬には、動脈硬化や心臓病、高血圧といった生活習慣病の予防・解消に効果があるとされています。


ベニバナの花言葉
包容力・特別な人・愛する力・化粧・装い


ベニバナについて

科・属キク科ベニバナ属
和名紅花(ベニバナ)
英名Safflower
学名Carthamus tinctorius
原産地地中海沿岸、中央アジア
開花期6月~7月

花の詳細 Wikipedia


シルクロードを経由して奈良時代に日本へと渡って来たそうです☆

10月29日の花<ストレプトカーパス>と花言葉


ストレプトカーパス(Cape primrose)

春と秋に、淡い青紫色の花を横向きに咲いた花が風にゆれる様子が何かささやいているような花☆

属名の学名『Streptocarpus』は、実が細くらせん状にねじれ、熟すとほつれて細かいタネを飛ばすことから、ギリシア語『streptos(ねじれ)』と『karpus(果実)』の意味を持ちます。

英語は『Cape primrose(ケープ・プリムローズ)』や『Streptocarpus(ストレプトカーパス)』と呼ばれます。

茎がある有茎種(ストレプトカルペラ亜属)、一枚葉タイプとロゼットタイプの無茎種(ストレプトカルプス亜属)に分けられています。


ストレプトカーパスの花言葉
このささやきに耳を傾けて・真実・信頼に応える・主張


ストレプトカーパスについて

科・属イワタバコ科ストレプトカーパス属
和名ストレプトカーパス
英名Cape primrose, Streptocarpus
学名Streptocarpus spp.
原産地アフリカ南東部
開花期5月~10月

花の詳細 Wikipedia


夏から秋への季節の変化の頃に咲く涼やかな花もよいものです☆

10月28日の花<ムクゲ>と花言葉


ムクゲ(フヨウ)(Rose of Sharon) 

早朝に開花し、夕方にはしぼみ新たな花が次々と咲き続ける、日本中の街路樹や花壇に馴染み深い植物☆

花名は、漢名『木槿』の音読みの『もくきん』が訛り、『木槿(むくげ)』となりました。

英語は、聖書の中で、『Rose of Sharon(シャロンの薔薇)』と書かれていたため。

タチアオイは、十字軍によってシリアから運ばれ、ムクゲの古い学名は『Althaea frutex(低木のタチアオイ)』で花言葉は十字軍にちなむといわれます。

種類は、『シロバナムクゲ』、『ヤエムクゲ』、『ヒノマルムクゲ』があります。

ムクゲ、芙蓉、ハイビスカスは、フヨウ属に分類され、花の形がよく似ており、花の中心にある柱頭で見分けるのがわかりやすいです。

『槿花(きんか)一朝の夢』
早朝に開花し、夕方にはしぼんでしまう、はかないことを表現されています。


ムクゲの花言葉
信念・新しい美


ムクゲについて

科・属アオイ科フヨウ属
和名木槿(ムクゲ)
英名Rose of Sharon, Shrub althea
学名Hibiscus syriacus
原産地インド、中国
開花期6月~10月

花の詳細 Wikipedia


儚さで美しさが増し、柔らかさで癒してくれます☆

10月27日の花<ランタナ>と花言葉


ランタナ(Lantana)

夏~秋に鮮やかな小花が半球形に群れるように咲き、花の色が徐々に変わる七変化の花☆

英語は、ラテン語『lentare(曲がる)』から。

和名は、徐々に花の色が変化するので『七変化(しちへんげ)』と名付けられました。

熱帯アメリカが原産の植物で、花は綺麗ですが、野生化するとその地域の原生種を駆逐する恐れがあるとされ、世界の侵略的外来種ワースト100にランクインしています。


ランタナの花言葉
心変わり・合意・協力・厳格・確かな計画


ランタナについて

科・属クマツヅラ科シチヘンゲ属
和名七変化(シチヘンゲ)
英名Lantana
学名Lantana camara
原産地中南米
開花期6月~10月

花の詳細 Wikipedia


鮮やかな彩りを変化させ華やかに楽しませてくれます☆

草花の苗/ランタナ:七変化3号ポット2株セット

価格:776円
(2019/9/12 16:36時点)
感想(2件)

10月26日の花<イチョウ>と花言葉


イチョウ(Ginkgo) 

春に新葉を出し、秋が深まるとオレンジ色の実を落として黄葉する、神社やお寺のご神木として植えられる秋の風物詩☆

名は、葉の形がアヒルの足に見えることから、漢名『鴨脚(yajiao、ヤーチャオ)』が転訛し、『イチョウ』と呼ばれたとされています。

英語は、『Ginkgo(ギンコウ)』や『Maidenhair tree(乙女の毛の木)』と呼ばれます。

品種は、オハツキイチョウ、フイリイチョウ、シダレイチョウ、オチョコバイチョウ、チチイチョウなどがあります。


イチョウの花言葉
荘厳・長寿・鎮魂


イチョウについて

科・属イチョウ科イチョウ属
和名銀杏、公孫樹、鴨脚樹
英名Ginkgo, Gingko, Maidenhair tree
学名Ginkgo biloba
原産地中国
開花期4月~5月
黄葉
10月~12月

花の詳細 Wikipedia


イチョウの誕生花日
10月26日、11月21日