1月31日の花<マンサク>と花言葉


マンサク(Japanese witch hazel)

いち早く春の訪れを知らせる、枝いっぱいにパッとはじけたようなユニークな形の黄金色の花姿に縁起をかつぐ豊年満作を呼び込む魔力を持つ花☆

和名の『満作、万作(マンサク)』は、山で一番早く咲くことから『まず咲く』が転訛したなど諸説あります。

英語は、アメリカマンサクを魔女の杖の材料に用いたとされることから『Witch hazel(魔女のハシバミ)』、日本固有種のマンサクは『Japanese witch(魔女の) hazel(榛)』といわれています。


マンサクの花言葉
呪文・魔力・霊感・不思議な力・神秘・ひらめき


マンサクについて

科・属マンサク科マンサク属
和名満作、万作、金縷梅(マンサク)
英名Japanese witch hazel
学名Hamamelis japonica
原産地日本
開花期2月~3月

花の詳細 Wikipedia


『マンサクがたくさん花を付けると、その年は豊作になる』といういい伝えもあり、神秘の力があると信じられてきたのでしょうね☆

マンサク ポット苗 【里の木シリーズ】

新品価格
¥1,438から
(2020/1/5 22:03時点)

1月30日の花<ムスカリ>と花言葉


ムスカリ(Grape hyacinth)

春の花壇を彩るブドウのような青紫の小花が愛らしい、明るい未来を呼ぶ花☆

ムスカリの名前の由来は、
ギリシャ語の musk(じゃ香) からなのですが、一般のムスカリは香りません。


ムスカリの花言葉
寛大なる愛・明るい未来・通じ合う心・失望、失意


ムスカリについて

科・属キジカクシ科ムスカリ属
和名ムスカリ
英名ブドウヒヤシンス、グレープヒヤシンス
学名Grape hyacinth
原産地南西アジア、地中海沿岸
開花期3月~5月

花の詳細 Wikipedia





1月29日の花<チューベローズ>と花言葉


チュベローズ(Tuberose)

すっと伸びた茎の先に縦に連なるように咲く乳白色の花は甘いフローラル系の香りを放ち、夜になると更に香りが強くなるので『夜来香』の別名を持つ魅惑の花☆

学名の『tuberosa』は、ラテン語『ふくらんだ、塊根状の』の意味を持ち、英語では『Tuberose(チューベローズ)』と呼ばれます。

和名の『月下香(げっかこう)』は、夜に月の下で、一層強い芳香を放つことから名付けられ、『夜来香(イエライシャン)』という別名もあります。

メキシコ原産の球根植物で江戸時代に日本にやって来ました。
香りは甘く濃厚で、香水の原料としても利用され、結婚式のブーケや宗教行事に使われます。


チュベローズの花言葉
危険な楽しみ・冒険


チュベローズについて

科・属キジカクシ科チューベローズ属
和名月下香(ゲッカコウ)
英名Tuberose
学名Polianthes tuberosa
原産地メキシコ
開花期8月~9月

花の詳細 Wikipedia


香り高き花が秋の夜を癒してくれます☆

PLAT会社-SEEDS 20Seeds /バッグチュベローズ種子送料植物の花の季節の屋内バルコニー。盆栽ホームウォッチ土壌はオーガニックを植えました

新品価格
¥1,499から
(2019/9/1 21:08時点)

1月28日の花<ネモフィラ>と花言葉


ネモフィラ(Baby blue eyes)

爽やかな空色の赤ちゃんの澄んだ青い瞳のような成功の花☆

空色、青紫色の覆輪の中心が白く、中心部に黒い点が5つあり、
英名は『Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)』と呼ばれ、
名は、茂みの中の明るい日だまりに自生することから、
ギリシア語で『小さな森を愛する』という意味を持ちます。

昔、ある男がネモフィラという女性に好意を抱き、
結婚したいと強く願いました。

『ネモフィラと結婚できるなら全てを失ってもいい!』

何度も願った願いを神様は叶え、男とネモフィラは結ばれ結婚しました。

しかし。。
神は願った通りに彼の全て失わせてしまいます。

結婚した日の夜、彼は息を引き取りました。。

ネモフィラは死んでしまった夫に会いに、死者の国「冥界」へ行きました。
死者しか入れない、冥界の門は固く閉ざされていて開くことはなく、
ネモフィラはその門の前で、座り込んでずっと待ち続けていました。

その姿を気の毒に思った神様は、ネモフィラを一輪の花へと姿を変えたとさ。


ネモフィラの花言葉
どこでも成功・可憐・あなたを許す・初恋


ネモフィラについて

科・属ムラサキ科ネモフィラ属
和名ムラサキ科ネモフィラ属
英名Baby blue eyes,
学名Nemophila Nutt.
原産地北アメリカ
開花期3月~5月

花の詳細 Wikipedia


ひたち海浜公園みはらしの丘の一面に咲くネモフィラ、見てみたいです☆
ひたち海浜公園 HP こちら
GWが見頃ですかね~ (⌒∇⌒)

1月27日の花<プルメリア>と花言葉


プルメリア(Plumeria)
Aloha~☆っと言いたくなるような花に対して強い寒気で厳しい寒さですが、少しでも寒さが和らぎますように。。

常夏の太陽の光をいっぱい浴びて咲く、白と黄色の愛らしい香り高き花☆

ハワイには、
満月の夜明けに朝霧に包まれたままのプルメリアを集めてレイを作り、好きな人に渡すことができれば、その夢が叶う☆
という言い伝えがあるそうです。


プルメリアの花言葉
気品・恵まれた人・日だまり・内気な乙女


プルメリアについて

科・属キョウチクトウ科インドソケイ属
和名インド素馨(インドソケイ)
英名Plumeria, Frangipani, Temple tree
学名Plumeria rubra
原産地メキシコ、中米、南米北部
開花期6月~10月

花の詳細 Wikipedia




1月26日の花<アママリス>と花言葉


アママリス(Amaryllis)

おしゃべりをしているかのように賑やかに大輪の豪華な花は気持ちを高めてくれます☆

春咲き(3月末~6月)と秋咲き(9月末~10月)に花を咲かす品種があるので、2シーズン楽しめそうです。

ギリシア神話では、羊飼いの少女アマリリスの恋した花好きの羊飼いの少年アルテオは花を届けてくれるほかの少女に恋を。。

神様に恋を実らせたいとお願いをし、1本の矢を手に入れ、その矢で自分を傷つけ血からとても美しい花を咲かせます。

アマリリスはその花の美しさでアルテオを振り向かせることができました。
咲いた花はアマリリスと呼ばれるようになったことが名前の由来のようです。


アマリリスの花言葉
誇り・内気・おしゃべり・強い虚栄心・すばらしく美しい


アマリリスについて

科・属ヒガンバナ科ヒッペアストルム属
和名アマリリス
英名Amaryllis
学名Hippeastrum
原産地南アメリカ
開花期5~10月

花の詳細 Wikipedia