ツルベキア(矢筈葛)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


ツルベルキア(Black-eyed Susan vine)

晩春から秋まで、つるを伸ばし、葉はハート形で花は筒状の大きく開いたラッパ型、花の中心に人を惹きつける瞳のような黒点があることから『つる性の黒い瞳のスーザン』と呼ばれる花☆

ツルベキア

和名は、矢筈(踏み台を使わずに掛け軸をかける棒状の道具のこと)に似ていることから、『矢筈葛(ヤハズカズラ)』と呼ばれ、
英名は、花の中心に目玉のような黒点があることから『Black-eyed Susan vine(つる性の黒い瞳のスーザン)』と呼ばれます。


ツルベルキアの花言葉
黒い瞳・美しい瞳


ツルベルキアについて

科・属キツネノマゴ科ヤハズカズラ属(ツンベルギア属)
和名矢筈葛(ヤハズカズラ)
英名Black-eyed Susan vine
学名Thunbergia alata
原産地熱帯アフリカ
開花期6月~10月

花の詳細 Wikipedia


鮮やかな花色と黒い花芯のコントラストが美しいですね☆(⌒∇⌒)

里山のつる性植物 観察の楽しみ

新品価格
¥2,160から
(2019/5/11 18:33時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA