4月10日の花<ツルニチニチソウ>と花言葉

スポンサーリンク


ツルニチニチソウ(Greater periwinkle)

つる性の毎日花を咲かす、不死や魔力の力をを持っているとされ、幸福と繁栄をもたらしてくれる魔女のスミレ☆

ツルニチニチソウ

名は、つる性で毎日新しい花を咲かせることから。

ヨーロッパの言い伝えでは、常緑で冬も枯れないことから不死や魔力の力をを持っているとされ、身につけると悪を払い、幸福と繁栄をもたらしてくれるといわれ、
『大地のよろこび』、『魔女のすみれ』とも呼ばれるそうです。

イタリアでは亡くなった子供の装飾に使うため『死の花』とも呼ぶそうです。


ツルニチニチソウの花言葉
幼なじみ・生涯の友情・朋友・楽しい思い出・やさしい追憶


ツルニチニチソウについて

科・属キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属
和名蔓日々草(ツルニチニチソウ)
英名Greater periwinkle
学名Vinca major
原産地ヨーロッパの地中海沿岸
開花期3月~6月

花の詳細 Wikipedia


爽やかな花が毎日花を咲かせて楽しませてくれます☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA