4月15日の花<ゴデチア>と花言葉

スポンサーリンク


ゴデチア(Farewell to spring) 

光沢のある紙細工のような薄い花びら花が一斉に上を向いて咲く、春の終わりと夏の訪れを告げる花☆

ゴデチア

旧属名の学名『Godetia(ゴデチア)』は、スイスの植物学者チャールズ・ヘンリ・ゴデの名前からで、現在の属名の『Clarkia(クラーキア)』は、アメリカの探検家ウィリアム・クラークの名前から名付けられました。

和名の『色待宵草(イロマツヨイグサ)』は、花がマツヨイグサに似ており、花色が豊富なことから。

英語の『Farewell to spring(春よさらば)』は、春の終わりに咲き、夏の到来を告げる花であるころから呼ばれました。


ゴデチアの花言葉
変わらぬ熱愛・お慕いします・移り気


ゴデチアについて

科・属アカバナ科サンジソウ属(ゴデチア属)
和名色待宵草(イロマツヨイグサ)
英名Farewell to spring, Godetia
学名Clarkia amoena(syn. Godetia amoena)
原産地北アメリカ西部
開花期5月~7月

花の詳細 Wikipedia


ゴデチアの誕生花日
4月15日、5月23日




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA