10月26日の花<イチョウ>と花言葉


イチョウ(Ginkgo) 

春に新葉を出し、秋が深まるとオレンジ色の実を落として黄葉する、神社やお寺のご神木として植えられる秋の風物詩☆

名は、葉の形がアヒルの足に見えることから、漢名『鴨脚(yajiao、ヤーチャオ)』が転訛し、『イチョウ』と呼ばれたとされています。

英語は、『Ginkgo(ギンコウ)』や『Maidenhair tree(乙女の毛の木)』と呼ばれます。

品種は、オハツキイチョウ、フイリイチョウ、シダレイチョウ、オチョコバイチョウ、チチイチョウなどがあります。


イチョウの花言葉
荘厳・長寿・鎮魂


イチョウについて

科・属イチョウ科イチョウ属
和名銀杏、公孫樹、鴨脚樹
英名Ginkgo, Gingko, Maidenhair tree
学名Ginkgo biloba
原産地中国
開花期4月~5月
黄葉
10月~12月

花の詳細 Wikipedia


イチョウの誕生花日
10月26日、11月21日