6月4日の花<ウツギ>と花言葉


ウツギ(Deutzia)
 
卯月の頃に白い花が枝を覆うように垂れ下がって咲く花姿が美しい、幹や枝の中が空洞になっている、畑の境界の目印として植えられていた垣根の花☆

ウツギ

和名の『空木(ウツギ)』は、幹や枝の中が空洞になっていることから、『空ろ木(うつろぎ)』が転訛してといわれ、旧暦の卯月に花を咲かせることから、『卯の花』という別名もあります。

属名の学名『Deutzia(ドイツァ)』は、スウェーデンの植物学者カール・ツンベルクの後継者である、オランダの植物学者ヨハン・ドイツの名前から。


ウツギの花言葉
古風・風情・秘密・乙女の香り


ウツギについて

科・属アジサイ科ウツギ属
和名空木(ウツギ)
英名Deutzia
学名Deutzia crenata
原産地日本、朝鮮半島、中国
開花期5月~6月

花の詳細 Wikipedia


ウツギの誕生花
4月14日、6月4日


白い花が卯月に咲き誇ります☆