4月2日の花<クローバー>と花言葉


クローバー・シロツメクサ(Clover)

春の公園や野原に咲き誇る花の三つの葉は『希望・信仰・愛情』、四つの葉は『幸運』のシンボルと葉の枚数によっても花言葉が変わる、幸運を運ぶ花☆

名は、江戸時代にオランダから輸入されたガラス器や書物の梱包にクローバーの枯草梱包に詰め物として使われていたことから『詰草(つめくさ)』と呼ばれました。

属名は、3つの小葉が多いので、ラテン語『tres(数字の3)』と『folium(葉)』から。
古くから四つ葉のクローバーは十字架に見えることから、幸運のシンボルとされてきました。

三つ葉のクローバーは、キリスト教では父と子と聖霊の「三位一体」と結びつけて考えられ、聖パトリック司教がアイルランドで布教に努めました。

後にクローバーはアイルランドの国花となり、3月17日の聖パトリックの祝日にはクローバーの葉を胸にさすならわしになったそうです。


シロツメクサの花言葉

全般私を思って・幸運・約束・復讐
赤色勤勉
一つ葉困難に打ち勝つ・始まり
二つ葉素敵な出会い・平和
三つ葉私を思って・幸運・約束・復讐
四つ葉幸運・私のものになって
五つ葉経済的繁栄・財運
(『それを隠して持っていると不幸になるが、人に贈ると、受け取った人にも幸運が訪れる』や、場所によっては『五つ葉を見つけるとすぐ病気になる』というマイナスイメージもあるようです。)
六つ葉地位と名声
七つ葉無限の幸運


シロツメクサについて

科・属マメ科トリフォリウム属
和名白詰草(シロツメクサ)
英名Clover, White clover, White Dutch clover
学名 ‎Trifolium repens
原産地ヨーロッパ
開花期5月~9月

花の詳細 Wikipedia


ヨーロッパでは、四つ葉のクローバーを見つけたら、『誰にもいってはいけない』『左の靴の中に隠しておくとよい』『着物の中に縫い込んでおくとよい』などといわれるそうですが。。見つけたら、思わず言っちゃいますよね☆(⌒∇⌒)

(観葉)種まき済み シロクローバー栽培 ECOポット 3ポット 白クローバー 白詰草 シロツメクサ 小動物用 本州・四国限定[生体]

新品価格
¥654から
(2019/5/8 22:35時点)