ウォールフラワー・ニオイアラセイトウ(匂紫羅欄花)の花言葉ーいろのえ

スポンサーリンク


ウォールフラワー(‎Wall Flower)

ヨーロッパでは古い土壁の上や海岸の崖、岩地などに自生する甘く香る恋人たちの花☆

ウォールフラワー

名は、ヨーロッパでは古い土壁の上でよく咲くことから『wallflower(壁の花)』とつけられ、和名は、ストックに似て独特の香りをもつことから。

ニオイアラセイトウとアラセイトウは別の花ですが、ともに駆け落ちの合図に使われたそうです。

14世紀のスコットランドでお姫さまが恋人と駆け落ちする時、縄梯子から誤って落ちてしまい、亡くなってしまいました。恋人を失った青年は吟遊詩人になり、いつまでもお姫さまを思い花を帽子にさしていたとさ。


ウォールフラワーの花言葉
愛の絆・末長い愛情・好奇心・ほのかな思い・逆境に打ち勝つ


ウォールフラワーについて

科・属アブラナ科エゾスズシロ属
和名匂紫羅欄花(ニオイアラセイトウ)
英名‎Wall Flower
学名Erysimum cheiri cv.
原産地ヨーロッパ、アジア、北アメリカ
開花期2月~5月

花の詳細 Wikipedia


輝くような黄色やオレンジの香りのよい花が癒してくれます☆(⌒∇⌒)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA